【打込む?】 フェアウェイウッドの打ち方 【払う?】

フェアウェイウッドがビシバシ打てるようになると、ロングホールの攻略が楽になります。

特に女性は飛距離が出無いので、フェアウェイウッドを良く使います。

せっかくですから、フェアウェイウッドの打ち方をマスターしましょう。

距離のあるホールで2打目がラフの上にボールが乗っているとか、フェアウェイの良いトコロにボールがあるなら使ってみましょうよ。

少しの注意を守れば、きっとフェアウェイウッドは使えるようになりますよ。

では、フェアウェイウッドの打ち方です。(以下、FW)

良く迷うのが、アイアンのように打ち込むべきか、ドライバーのように掃うように打つべきか?

本当の答えは、丁度、中間にあるように思います。

しかし、ゴルフ初心者には難しい話なので、FWは【打ち込む】事にします!

宣言しちゃいました!(笑)

まずは打ち込むようにFWを使って、慣れてくればソールを滑らすように打つ事を覚えましょう。

しかし、ここでは打ち込みます!

まずはグリップです。

FWと言えども、ボールを飛ばす限界があります。

思いっきり振り回すのをやめて、コンパクトなスイングを心掛けます。

…なので、クラブを短く持ってグリップしましょう。 ←ここは重要です。

次にボールの位置です。

ボールはスタンスの真ん中より、少し左足寄りです。

最初は5番アイアンと同じぐらいの位置にボールを置いてショットしても問題ありません。

どうしてもショットしたボールが右に出ていくようであれば、また少し左に寄せます。

最後に、スイングの強さです。

決して強振してはいけません。

FWと言えども、どこまでも飛ばせるワケではありませんから。

アイアンと同じような力加減でショットしましょう。

以上の3つが注意点です。

思ったほど難しく無いでしょ?

しっかりとFWが打ち込めるようになったら、ソールを滑らすようなスイングに変えていくのも良いと思います。

但し、正解という打ち方はありません。

打ち込んで思うようにボールが飛んだのであれば、それで良しです!

無理にソールを滑らすような掃い打ちに変更する必要はありませんよ。

もしも、FWが上手く打てない場合は…

ボールの位置が左足に寄せ過ぎな場合と、ボールを上げようとしてアッパースイングになっている状態があります。

ボールは出来る限り真ん中に寄せてアドレスし、意識的にボールを打ち込むようにスイングしてください。

強振はダメ、クラブは短く持つ! 忘れないでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>