2016年 全米オープンゴルフ結果発表~

終わりました。

とうとう、2016年のメジャー大会の半分が終わってしまいました。

胸が苦しくなります。

まぁ、そんな事より今年の全米オープンの優勝者は一体だれだったのでしょうか???

ダスティン・ジョンソン

でした。

ダスティン・ジョンソン?

身長193cm、体重86kgって凄く大きな選手です。

でも、ちょっと聞いた事ないなぁ…って思いました?

実は2015年の全米オープンとダスティン・ジョンソンは深い関わりがあります。

まずは2015年の全米オープンを思い出してみてください。

(ってか、ゆるゴルに去年の全米オープンの記事がない…ショック!)

それでは気を取り直して、2015年の全米オープンの優勝者は誰だったのか?

それはジョーダン・スピースです。

ちなみにその年のマスターズの優勝者もジョーダン・スピースでした。

では2015年の全米オープンの2位は誰だったのでしょうか?

それがダスティン・ジョンソンだったのです。

しかもダスティン・ジョンソンは、最終日・最終組でプレーします。

しかし18番ホールで痛恨の3パットで2位タイの-4でフィニッシュ。

ジョーダン・スピースは-5でフィニッシュして全米オープンを制します。

もしもダスティン・ジョンソンが18番ホールを2パットでフィニッシュしていたら、プレーオフに持ち込むことができたのです。

その時のダスティン・ジョンソンの心境を考えたら、めちゃくちゃ悔やまれたと思います。

もうトラウマ級でしょうね。

しかし、そんなドン底からダスティン・ジョンソンは帰ってきました。

2016年 全米オープンゴルフ優勝おめでとうございます。

精神的に強くなったなったダスティン・ジョンソンはこれからも活躍する事だと思います。

ちなみに、宮里優作プロはこの大会でイーグルを取っています。

取ってはいますが…、まぁもう終わった事ですし、おすし。

日本選手のみなさんも、お疲れ様でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です