アプローチでは10度のずれが命取り

100ヤード以内のショットのずれについて考えてみたいと思います。

ぼくは数学が弱いのでヤードをメートルに直したりして計算してみます。

間違っていたらごめんなさい。指摘してもらえると有難いです。

まずは100ヤードのショットから。

100ヤードは、91.44メートル。

端数が面倒なので90メートルで計算します。

角度が1度ずれると1m先では1.8cmのずれが起きるようです。

ヤフーの知恵袋に出ていたのをそのまま引用します。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1367217078

では2メートルで3.6cmのずれ。

・・・10メートルでは、18cmのずれ。

・・・90メートルでは、162cmのずれ。 あってる?ねぇ、ここまであってるよね???

「なんだよ、100ヤード先でも1.6メートルほどの誤差しか無いじゃん!」って思ったでしょ?

この戯け者が!!

たった1度のずれでも、90メートル先では1.6メートルものずれが起きるんです。

では、10度のずれなら?

100ヤード先では、約16メートルのずれが発生するんですよ!16メートル!!

銀河漂流バイファムに出てくるバイファムが16.8mですから、バイファムの背丈分ぐらいのミスショットになりますね。

(ちなみにガンダム・鉄人28号・マジンガーZは、18m)

左右に16メートルの誤差があったらグリーンに乗らないどころか、ガードバンカーに入ってしまってもおかしくありません。

では、10度ずれた30ヤードのアプローチなら?

30ヤードは、27.43200 メートル。 ・・・まぁ約30メートルってことにしましょうよ。

10度のずれが1メートル先で18cmだとすれば、30メートルで540cmのずれが発生します。

5m40cm!

そりゃチップインは無いわ。

しかも距離がピッタリだとしても5m以上のパットが残るんですよ。

1パットで沈めるのには難しい距離です。

日本の乗用車の平均全長が約4m~5mですから、ヨコに車一台分ぐらいのミスショットになりますね。

これを見てわかる通り、いかに目標に向かって真っ直ぐ立つことが重要かという事。

たった1度のずれでもボールはカップから離れていきます。それが10度、20度・・・となれば最悪です。

あなたは、アドレス時にターゲットへの10度のずれが修正できますか?

目標に向かってしっかりとアドレスできるようにしましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. こっそり書き込み

    真っ直ぐ立つって難しいですね。
    最近特に注意しています。

    アプローチでは、アドレス決めた後でも目標を見るけど、1W~PWのフルショットだと見てないな、どっちがいいんだろ?

  2. ジュッシ より:

    もちろん、ターゲットに向かって真っ直ぐ立てるようになるのがベストですよね。

    ゴルフ練習場ならいろんな物がターゲットに向かって置いてあるので大丈夫ですが、ゴルフ場には人工物がないので真っ直ぐ立つのが難しいです。

    さぁ、練習しましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です