【死んじゃ】 死ぬほど簡単なバンカーショット 【ダメ!】

グリーン周りにあるガードバンカーには、1回のラウンドで2~3回ぐらいは捕まると思います。

バンカーに入ったからと言って怖がる必要はありません。

コースの状況によっては、わざわざバンカーに入れてから、カップを狙ってバンカーショットする上級者もいます。

それでは、一番簡単にバンカーから脱出する方法を説明しましょう。

その前に、何故バンカーでのショットが難しいのかを考えてみましょう。

バンカーの中は砂で一杯の為、ボールの乗っている表面が柔らかくなっています。

柔らかい地面からボールを打ってダフったりすると、クラブが地面から跳ね返って来ないので手痛いミスとなります。

経験ありませんか?

逆にその柔らかさを逆手に取ってショットするの、今回の簡単なバンカーショットなのです。

まずは、バンカーに入った自分のボールの状況を確認します。

「砂は柔らかい」 「グリーンまでの距離は短い」 「バンカーのアゴは高くない」

この3つの条件がすべて当てはまったら、バンカーからの脱出は楽チンです。

ボールは、アドレスした両足の少し右寄りに置きます。

クラブは少し短く持って、下半身もドッシリと構えます。

クラブを振り上げて、ボールの後ろに思いっきりドスン!っと打ちこみます。

以上です。

フォロースルーも必要ありません。

フェースを開いたりすることもありません。

斧を振り上げて、ボールの後ろに垂直に振り降ろすように打ち込めばOKです。

これが一番簡単なバンカーショットです。

「砂は柔らかい」 「グリーンまでの距離は短い」 「バンカーのアゴは高く無い」

但し、この3つの条件が揃った時だけに使えるショットなので注意してくださいね。

最初は打ち込む場所や使うクラブによって飛距離の誤差が出ますが、何度か打つと感じが掴めてきます。

苦手なバンカーも、これで楽々脱出できますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です