フェースを開く方法 【意外と知らないフェースの開き方】

アプローチの解説などでは必ず、フェースを開く!というような言葉が出てきます。

では実際にフェースの開き方って知っていますか?

これが案外しらないモノなんです。

フェースを開いてショットすると、高い球が打てるようになります。

良く使うテクニックですし、いろいろと応用が効きますので是非覚えておいてください。

では、正しいフェースの開き方を説明しましょう。

フェースを開くのは、ほとんどの場合アプローチの時です。

しかも距離がそれほど無い状態だと思います。

ピッチショットやロブショットは、フェース開いて打つ代表的なショットですね。

それでは、正しいフェースの開き方です。

まずはターゲットに向かってオープンスタンスで構えます。

次にクラブのフェースはターゲットに向けてセットします。

その状態でクラブをグリップします。

これが正しいフェースの開き方です。

間違ったフェースの開き方は…

ターゲットに向かってオープンスタンスに構えて

クラブをグリップした状態で、クラブのフェースだけをターゲットに向けてしまった場合です。

これでフェースを開いた…と思っている人がいますが、これではダメ。

この状態だとスイングしたら手首が戻ってしまい、結局はフェースもスタンスの方向に向き直ってしまいます。

これではフェースを開いという事にはなりません。

必ず、フェースをターゲットに向けてセットしてからクラブをグリップしてくださいね。

あとは自分のスタンスに沿ってスイングします。

フェースの向きに合わせてスイングしてはいけません。

必ず自分のスタンスに沿ってスイングしてください。

最初は違和感があると思いますが、何度か練習してみましょう。

またボールはフェースが向いている方向よりも、多少左に飛んで行きます。

フェースを開いてショットする時は、左に飛ぶ事を計算にいれて少しばかり右側を狙っておきましょう。

フェースの開き方は以上です。

どんなショットを打つかによって、ボールの位置やスイング等が変わってきたりしますので、それはまた次回という事で…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です