ソールを滑らすアプローチのコツ

ほとんどのアプローチでは、ボールは上から打ちます。

カツン!って感じですね。

実はアプローチには、上から打つ方法とソールを滑らせてボールを打つ2種類があります。

これは状況によって使い分けるか、自分の好みですね。

但し、良いライでしか出来ませんので、悪いライなら必然的に上から打つ事になります。

では、ソールを滑らせて打つアプローチです。

ソールを滑らせて打つアプローチショットの代名詞は、ピッチショットです。

高く上げてランの少ないボールを打つ方法です。

打ち方としては、ソールを地面にピタリと付けてクラブヘッドをスライドさせる感じでしょうか。

そのままですね。(笑)

この時、あまり手首を使ってはいけません。

ゴルフ初心者の人は、出来るだけ手首を固定してソールを滑らせるようにしましょう。

コツは低くて長いフォローです。

手首を使わないので距離を出す事は出来ませんから、最初はあまり距離のあるアプローチでは使わないようにしましょう。

ソールを滑らせる感覚を覚える事が出来れば次のステップへ。

手首を使ったショットに挑戦です。

テークバックでの早目のコック、ソールを滑らせてインパクト、インパクト後はクラブのシャフトをを意識的に立てる。

クラブヘッドが「U」の字に動くような感じです。

「U」の一番したの部分にボールがあって、そこでソールが滑る感じですね。

スパッと素早くクラブを振りましょう。

これがピッチショットです。

ソールを滑らせる感覚は何度か芝生の上で素振りすると掴めると思いますが、コツは先ほど書いたように低くて長いフォローです。

それとソールのリーディングエッジ側を滑らせるのでは無く、イメージとしてはソールのバック側を滑らせる感じだと思ってください。

上から打ち込むのに自信が持てない時は、ソールを滑らせてアプローチしても良いですね。

もちろん、膝や下半身を必要以上に動かすとトップしますから注意してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です