ドライバーのスライスをボールの位置で克服するよぉ~

ドライバーはクラブの中で一番長いクラブですね。

その為に振り遅れて、スライスが出ちゃったります。

その他にもスライスの原因は沢山ありますが、まずは軽く直せるものからやってみましょう。

ジャジャ~ン!!!『ボールの位置でスライス克服!』

ダウンスイングで身体が早く開くと「振り遅れ」の状態になってスライスが出ます。

クラブヘッドがボールに当る(インパクト)前に、すでに身体が開いちゃうんですね。

振り遅れの状態だと、クラブヘッドがインパクトを迎えた時にクラブヘッドが開いたままになっています。

そりゃスライス出るわ…って状態です。

それではボールの位置を変えてスライスを応急処置的に止めてみましょう。

クラブヘッドがゴルフボールに開いて当るからスライスが出るんですよね…

それならクラブヘッドが真っ直ぐになったときにボールに当れば良いワケです。

ではボールを一つ分、今の位置よりも更に左足側に置いてスイングしてみてください。

クラブヘッドが先に行けば行くほどクラブフェースが閉じてきます。

ボールを左足側に移動させていく事でクラブフェースが閉じるタイミングを探しましょう。

上手くクラブフェースが閉じた時にボールが当ると真っ直ぐ飛びますよ!

どのぐらい左足側にボールを寄せれば真っ直ぐ飛ぶかを確認しましょうね。

ここで注意!

スイングはいつもと同じようにしてくださいね。

ヘンにスイングを変えちゃダメですよ。

それから、最後にポイントを一つ!

ゴルフボールの位置をどれだけズラしてもスライスが出続けるなら、右かかとを上げないでボールを打ってみてください。

身体を止める事で振り遅れを防ぎます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です