ゴルフ初心者ならティーショットをブラッシーでどうですか?

ゴルフの醍醐味とえいば飛距離!っていう人も少なく無いはずです。

思いっきりボールをカッ飛ばしたら気持ち良いですものねぇ~。

でもドライバーって初心者にとっては一番難しいクラブです。

一か八かのティーショットでOBばかりじゃスコアがまとまりません。

だからといって3番ウッドでティーショットすれば飛距離が落ちます。

アイアンでティーショットするのはカッコ悪いし・・・っていう、あ・な・た!

ここはひとつ、2番ウッドを使ってみるのはいかがでしょうか?

え!?2番ウッド???って思ったでしょ。

今日はそんな方に2番ウッドの良さを紹介したいと思います。

2番ウッドには【ブラッシー】という名前が付いています。

プラッシーというオレンジジュースじゃなくて【ブラッシー】です。

ちなみに…

1番ウッドは【ドライバー】

2番ウッドは【ブラッシー】

3番ウッドは【スプーン】

4番ウッドは【バフィー】

5番ウッドは【クリーク】という名前になっています。

近頃のクラブのヘッドに『木』(パーシモン)が使われる事はありませんが、今でも一応は【ウッド】って呼ぶんですよね。

いつかは1番メタルとか、2番チタンとか言うのかな・・・

さて、この2番ウッド(ブラッシー)ですが、使う人はほとんどいません。

少し前に石川遼くんがゴルフバッグに入れて小さくニュースになったぐらいでしょうか。

そんなマイナーなブラッシーですが、実はちゃんとしたおススメする理由があるのです。

まずはロフト!

ドライバーのロフトより少し寝ているので、ドライバーに比べるとボールをしっかりとミートしやすい。

またドライバーよりも短いので振りやすい。短尺のドライバーって扱い易いでしょ。

初心者ならスライスの幅が小さくなるのでOBの数が減るかも知れませんね。

かといって飛距離が大幅に落ちるワケでもありません。もちろんスプーンよりは確実に飛びます。

最後に上級者ならティーアップしなくても芝の上から直接打てる・・・、まぁここは置いといて・・・・・・w

もし今あなたのドライバーの調子が悪かったり、ドライバーが苦手なら、ブラッシーをドライバー代わりに使ってみるのもアリだと思います。

当たり前ですがドライバーの代わりに使うのですから、ティーグランドでティーアップしてショットしてくださいね。

上級者になるまではフェアウェイウッドとして使っては駄目ですよ。

さて、ブラッシーにはブラッシーなりのメリットがある事を解ってもらえたでしょうか。

少し前になりますがブラッシーとうクラブにスポットが当たった時期もあり、新しいコンセプトのブラッシーが発売されたこともありました。

もしかするとブラッシーとの出会いが、あなたのゴルフを360度変えてしまうかも知れませよ。www

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です