ドライバーのスライスを右手で克服!

よく、ゴルフは左手でやるもんだ…とか、左手が強いとゴルフが上手い…とか、ヘッタくれ言う人がいますね。

確かに左手は重要ですが、右手も重要です。

左手だけに仕事させているからこそ、ドライバーのスライスが連発する事だってあるのです。

左手が原因でスライスしている、そんなあなたのスライスを右手で治してみましょう。

これはインパクト付近で左ひじが曲がる人にもオススメです。

何故スライスするのかは、だいたい理解してもらえていると思いますが、今回の問題にしているスライスはフェースが開いてボールに当たっちゃってるスライスです。

以前はボールの位置を更に左にズラして、フェースが閉じる時にインパクトしようとしました。

軽度のスライスならあれで治るのですが、中度から重傷者の人ではダメなんです。

まぁ、とにかく、フェースが閉じる前にドライバーがボールに当ってると思って下さい。

…なら、早目に閉じればいいじゃん。

ハイ、その通り!

ドライバーのスイングで、ダウンスイングに入ると左手の甲は正面を向いています。

右手は手の平が、正面を向いています。

正面とは身体が向いている方向です。ボールを飛ばす方向じゃありませんよ。

左手の甲と右手の平が正面を向いたままインパクトを迎えると、フェースは開いた状態でボールを打つ事になります。

インパクトを迎えた後はさっきとは逆に、左手の平と右手の甲が正面を向くようにしないとダメなのです。

手の平と甲を入れ替えるタイミングはズバリ!右の太もも辺り。

ダウンスイングでグリップしている手が右の太もも辺りにきたら、思いっきり右手を返してください。

右手でボールを引っ叩く感じでゴー!です。

思いっきりですよ!

この手のスライスを出す人の特徴は右手の使い方が弱いので、思いっきりやっちゃってください。

右手を思いっきり、グルン!って返すんですよ!!!

バチコーン!って感じでボールを打てばナイスショットが出るはずです。

まぁその内にボールが左側に飛ぶようになると思いますが、…それはその時に対処法を考えましょう。(笑)

取り合えずは、右へのへろへろスライスが止まればOKですからね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です