高すぎるティーアップは逆に飛距離を落とす

最近のドライバーのヘッドって大きいですよね!?

分厚さも、横幅もモノ凄いです。

その分、飛距離や打ち易さが向上したように思います。

スイートスポットを外しても、大きなミスに繋がることが無くなりましたからね。

そこでティーアップする時なんですが、近頃のティーはロングティーが当たり前になってきました。

どんだけ長いんだ!って驚くようなロングティーもあります。

肉厚のあるドライバーなら多少はティーも高くしてあげないと、打ちにくいのは事実です。

しかし上げ過ぎると、逆に飛距離を落としてしまうってご存知でしたか?

昔はジャンボ尾崎がロングティーで、ガンガンとドライバーをブッ放していました。

何もカッコイイからとか、打ち易いからという理由だけではありません。

ジャンボ尾崎の場合は、バックスピンの量を極力抑えたかったからなんですね。

ドライバーショットでバックスピンの量を減らす事ができれば、ドライバーの飛距離はさらに伸びます。

これが狙いだったんですね。

さて、アマチュアの場合はどうでしょうか?

確かにロングティーにして、すくい上げるようにショットすればバックスピンの量は減ります。

ですがアマチュアにバックスピンの量など、コントロール出来るはずがありません。

ここに大きな落とし穴があったのです!

高いティーですくい打とうとして右肩が下がって、結果としてドライバーのフェースが上を向きます。

ロフトが寝てしまうんですね。

その結果、ボールは予想以上に高くなり、風に弱い吹け上がったようなボールが出てしまいます。

これでは飛距離を出す事はできません。

覚えがありませんか?

ではどうすれば良いのか…

まずは少しだけティーを低くします。

ホンの少しでいいですよ。

そして【ダルマ落とし】!

ドライバーで大きなダルマ落としをするような感じです。

ダルマ落としをする場合、すくい打ちでは絶対に成功しません。

どちらかと言うと、横から叩き付ける感じです。

しかもダルマの動体を叩いて、すぐにクラブを上げてしまうとダルマは崩れてしまいます。

インパクトの少し前からインパクト後まで、ドライバーのヘッドを低く長く出してあげてください。

アップライトのスイングから、少しフラットなスイングになるかも知れませんが、今のドライバースイングの軌道よりは全然マシになるはずです。

ドライバーのスイングを縦回転のイメージから、少し横回転のイメージにすると良いと思います。

横からビッタッーン!とボールの横っ面を潰すようにスイングすれば、ドライバーの飛距離はまだまだ伸びますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です