ドライバー 飛距離アップ その3

ドライバーの飛距離アップその3です。

今日もドライバーの飛距離アップを目指して頑張りましょう。

ドライバーの飛距離アップその1とその2は、見てもらえましたでしょうか?

是非、そちらも合わせてご覧下さい。

ドライバー 飛距離アップ その1

ドライバー 飛距離アップ その2

さて、ドライバーの飛距離アップに付いてですが、今回は握力がポイントです。

ドライバーのクラブと自分を繋いでいる部分は腕です。

もっと細かく言うと、手になります。 グリップしている手です。

ドライバーでボールを打つと(インパクト時)ドライバーヘッドに掛かる衝撃は、1トン以上と言われています。

その衝撃はもちろん、スイングした自分にも伝わってきます。

しかしこの時、クラブをグリップしている『手』が緩んでしまうと衝撃を逃がしてしまい、結果としてインパクトの力をボールに返す事ができません。

いくらヘッドスピードが速くても、いくらスイングアークが大きくても、どんだけインサイドアウトやインサイドインでスイングしようが、力をしっかりとボールに伝える事ができず、ボールは飛びません。

飛んだボールは、気の抜けたような弱々しい弾道となります。

初心者にはちょっと難しいですが…

スイング中のグリップは優しくても構いません。

しかし、インパクト時だけはしっかりとグリップを握って衝撃を逃がさないようにしましょう。

特にインパクトではギュッとクラブを握る感じです。

これが出来ればインパクトのパワーをロスする事が無く、力をそのままボールへ返す事ができます。

強い握力が必要になるので、女性は少し難しいかも知れませんね。

パワーロスの無いドライバーショットを打つなら、インパクト時はしっかりとグリップしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です