ドライバー 飛距離アップ その4

ドライバーの飛距離アップは出来ていますか?

以前はヘッドスピードだけでは、ドライバーの飛距離は伸びないよ!って説明しましたが、覚えていますでしょうか?

でも実際にはヘッドスピードが遅いと、ボールが飛ばないのも事実です。(笑)

そこで今回は、少しヘッドスピードを上げる方法を説明したいと思います。

ヘッドスピードをあげて、ロングドライブを体験してみましょう。

ヘッドスピードは腕力や筋力があれば良いというワケでもありません。

がむしゃらにドライバーを振ったからといって、ヘッドスピードは上がらないものなんです。

クラブを持っている人間を中心に、ドライバーのヘッドがスピーディに且つ、スムーズに円の軌道を描く…

言葉での表現は難しいですが、こういった事です。

それでは実際にどうやってヘッドスピードを上げるか説明しましょう。

ドライバーのヘッドスピードを上げるには、ドライバーのヘッドに無駄な動き(軌道)をさせない(通らせない)という事が重要です。

ヘッドに無駄な寄り道をさせるとヘッドスピードは遅くなります。

いかに最短でヘッドをボールの位置に運ぶかがヘッドスピードを上げるカギです。

ここからは実際にやってみてください。

まずは、ドライバーを持っていると思って、テークバックしてトップの位置で止まります。

いわゆるトップオブスイングの位置でストップです。

ここからダウンスイングに入ります。ヘッドスピードを上げるコツはココからです。

まず、右わきに注目してください。

ほとんどの人の右わきは開いていると思います。

ダウンスイングに入ります…最初に、右の肘をストンっと下へ落します。

落した右肘は、右の脇腹辺りにくっ付きましたか?

それが出来たら、後はいつもと同じようにスイングします。

えっ?これだけ???

はい!これだけです!!!

ドライバー 飛距離アップ その1で説明したように、両腕が身体の近くを通っていくのが解りますか?

しかも、ドライバー 飛距離アップ その2で説明したように、右肩が下がらなければ極端なアッパーブローにはなりません。

これでヘッドスピードが少し上がったはずです。

実は、どのクラブを使う時でも、この右肘の使い方は同じです。

ダウンスイングで最初にする事は、右肘をストンっと下へ落とす。 そこからいつものようにスイングしてください。

本来の正しい軌道をヘッドが通るので、ヘッドスピードが若干上がりますよ。

では、コースや練習場で実際に試してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です