ドライバー 飛距離アップ その5

ドライバーの飛距離アップのワンポイントアドバイスも5回目になりました。

そろそろネタ切れです…

これを最後にドライバーの飛距離アップのワンポイントを終了しましょう。

最後のアドバイスは体重移動です。

当たり前の事ですが、テークバックでは右足に体重を掛けて、インパクトでは左足に体重を掛けます。

キッチリと出来てる人は少ないものです。

インパクトからフォローに掛けて、右足に体重が残ってしまってフィニッシュで身体が反るようになっている人…

見た事ありませんか?

そんな風にならないよう、キッチリとした飛ばす為の体重移動を覚えましょう。

先ずはテークバックから。

テークバックでは、ほとんどの体重を右足にかけます。

…すみません、間違えました。(汗) ほとんどの体重を右足の内側にかけます。

右足の外側に体重が掛かってしまうと身体が右方向へ流れてしまうので注意ですよ。

少し内股になるような感じで両膝を内側に曲げておきましょう。

膝が外にでるとパワーをロスします。

また、少しぐらいなら頭が右側に動いてもOKですが、右足の上や右足よりも外に出てはダメです。

頭が動く場合は、右足よりも内側に横スライドさせてください。

ダウンスイングでは、左足に体重を移します。

少し踏み込むようなイメージを持つと解り易いと思います。

野球でバッターボックスに入って、ピッチャーのボールを打つ時のように【踏み込む】のです。

あくまでもイメージですよ。

踏み込むイメージで左足に体重を載せると、身体が左側に寄っていきます。

この時、頭も左側に移動すると思いますが、ボールよりも左に行ってはいけません。

頭はボール手前で残す!(踏ん張る)

肩が下がらないように注意してインパクトしてください。

インパクト後、ソッコーで左足に全体重を載せ替えます。

フォローからフィニッシュでは左足1本で立てるようにしましょう。

右足がボールの飛球線に沿って一歩前に出るぐらいでもOKです。

アイアンショットではここまでの体重移動は必要としませんが、ドライバーで飛距離を稼ぐなら、この体重移動をスムーズにおこなう必要があります。

最初から簡単に出来るものではありませんので、ゴルフ練習場で練習してみてください。

また1本足打法で練習すると体重移動のコツを掴みやすいですよ。

【1本足での練習】

1、普通にアドレスします。

2、右足のある場所に左足を寄せて、膝や腰の角度はそのままの状態で立ちます。 ボールとクラブはアドレスの時のまま。

3、テークバックして、ダウンスイングで左足を元の位置に戻して(踏み込むように)ボールを打ちます。

4、ボールを打ったら右足を打球方向へ1歩出します。

何度も繰り返し練習すると体重移動がスムーズにできるようになりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です