ドライバーのオーバースイング封じ!

ドライバーは「飛ばす!」というイメージが先行してしまって、大きく振り被ってしまいがちになります。

大きく振り被ると、当然ですがオーバースイングになります。

女子プロゴルファーで言うなら、横峯さくらちゃんがオーバースイングですよね。

米プロゴルファーなら、ジョン・デーリーなんかは凄くオーバースイングでした…というよりは、新しいタイプのスイングだったようにも思います。

まぁ、何はともあれ、オーバースイングを止める方法を紹介しましょう。

オーバースイングは自分では気付きにくいものです。

誰かに指摘されたり、自分のスイングを画像や映像で見て始めて気付いたりします。

たまにスイングのトップで左の方にクラブのヘッドが見えて気付く人もいますね。

ひとつハッキリさせておきたいのは、オーバースイング自体は悪い訳ではありません。

オーバースイングになると、ダウンスイングでブレが起こり易い為に毎回定まったショットが出来にくくなります。

そこが、オーバースイングが悪いと言われる所以です。

また、オーバースイングは飛距離が出るように思われがちですが、成人男性でプロゴルファーでも無い限りはオーバースイングでも普通のスイングでも飛距離は同じようなものです。

それなら、ブレが出るようなオーバースイングは止めた方が良いという結論に至るワケなのです。

さて、オーバースイングを止める方法ですが、まずは左肩に注目します。

テークバックで左肩が自分のアゴの前(もしくはアゴの下)にくればテークバックは終わりです。

ダウンスイングに入ってください。

これ以上テークバックを続けると、オーバースイングになります。

アゴと左肩の位置を覚える事でトップオブスイングの位置を決めます。

そして、もうひとつの注意する場所は、右足の向きです。

アドレス時に右足のつま先が外に向いている人は、オーバースイングに成り易いのです。

つま先が開いていると、テークバックで身体がどこまでも回ります。

身体が回って、回って、止まりませんから、オーバースイングになります。

こういったパターンの人は、身体が柔らかいと言い変えられるかも知れませんね。

そこで右足のつま先を内側に向けます。

少しじゃダメ! 最初は大幅につま先を内側に向けてみましょう。

最初は窮屈なぐらいにつま先を内側に向けてショットします。

そこから少しずつ真っ直ぐに戻していきましょう。

まぁ、しばらくはコースに出ても右足のつま先は内側に向けてショットしましょうね。

これで、ある程度のオーバースイングは、止める事ができるはずです。

ではもう一度、確認します。

左肩がアゴの前(下)に来たらダウンスイングに入る。

右足のつま先は内側に向けてショットする。

このふたつをしばらく続けていれば、自然とオーバースイングは治って行きますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です