上級者が知る ドライバー ワンポイントアドバイス

ドライバーのワンポイントアドバイスです。

中級者向けの内容ですが、ゴルフ初心者の方も是非読んでみてください。

突然、開眼するかも知れません。

ドライバーは難しいクラブですが、1回のラウンドで14回ほど使うと思います。

是非、苦手意識を克服しつつ、更に上を目指して練習しましょう。

では、ドライバーのワンポイントアドバイスの始まり、始まりぃ~

まずは、ドライバーを打った時にフェースのどこに当っているかをチェックしましょう。

ドライバーのフェースに貼るシールがあるので、それを使ってドライバーショットすればボールがフェースのどの部分に当ったのかが解ります。

ボールの跡がヒール側(ネック側)に当っているのであればスライスが出ます。

逆にトゥ側に当っているのであればフックが出ます。

個人的にベストポジションだと思うのは、センターから少しトゥ側ではないでしょうか。

この位置はボールをコントロールしやすい場所だと思います。

ヒール側に当っている場合の対処法は2つあります。

一つは、アドレスした時に最初からドライバーのトゥ側にボールをセットする方法。

二つ目は、ボールの位置を今よりも左足寄りにセットする方法です。

アドレスした時に、ボールと自分との距離が近いとヒールでのショットになります。

また、ダウンスイングで右足のカカトが早く地面を離れてもヒールに当るので、右足のカカトにも注意してみましょう。

次のワンポイントアドバイスは、振りきる!です。

OBが怖くてスイングが中途ハンパになると、余計にボールは曲がってしまいます。

思い切りよく振り切りましょう。

中途ハンパにスイングしようが、思い切り振り切ろうが、OBが出たらOBです。(笑)

それなら、思い切りやった方が良いですね。

思い切り振りきった事を確認する方法は、インパクト後からフォローにかけて右の肩が自分のアゴを押していくような感じがベストです。

ググっと右肩がアゴを押して行き、フィニッシュに向かう。

右肩とアゴが当る事を確認できるようになれば、ヘッドアップやインパクト後すぐに身体が起き上がる事を防げますよ。

またフィニッシュで飛球方向に対して、左肩よりも右肩を前に出します。

身体をグイッと回して、右肩が飛球方向に向かって前に出るようにしてください。

プロのフィニッシュを見て、右肩が前に出ているのをチェックしてみましょう。

最後のワンポイントアドバスは、ライです。

ティーグランドで、ボールをティーアップしてアドレスした時、足場の確認をしてみましょう。

一見、平坦に見えても実は足場がボコボコだったりします。

また、つま先下がりになっている場合もありますので、注意が必要ですね。

最初に平らで真っ直ぐな場所を選んでアドレスしてみます。

その場所が良ければ、その前にティーアップする感じです。

ティーアップしてから足場を確認しては遅いですからね。

…絶対に無いとは思いますが、左足上がりのライでドライバーを打つ事が出来れば超ラッキー!

アッパーブローになり過ぎないように気を付けておけばナイスショットが出ます。

ここだけの話ですが、ティーショットでOBして特設ティーから打つ場合、まだ距離が長くてドライバーが使えるようなら左足上がりのライを選べば良いですね。

前の組に打ちこまないように注意しましょう。

小さな事ですが、ゴルフは小さな事の積み重ねがスコアになります。

ドライバーショットする前に、アドバイスを思い出してみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です