2013年マスターズ 最終日

とうとうマスターズに最終日がやってきました。

激闘の末、だれが優勝したのか!

これで4大メジャータイトルの1つが終わっちゃったんですね。

なんか寂しい・・・

次は全米OPを楽しみして、2013年のマスターズの成績を見てみたいと思います。

ジャジャ~ン!

2013年のマスターズ優勝者は・・・

アダム・スコットでした!!

長尺パターを使っている、アダム・スコットです。

これでまた長尺パター問題に物議を醸し出すことになるでしょう。

アダム・スコット選手、おめでとうございます。

オーストラリアにグリーンジャケットが渡りましたね。

グレッグ・ノーマンやイアン・ベーカーフィンチでも出来なった偉業です。

ベーカーフィンチはちょっと違うかな?(笑)

そして残念だったのが、アンヘル・カブレラ・・・

プレーオフの末に敗れてしまいました。

さぞや悔しかった事でしょう。

これをバネにまた来年頑張って欲しいものです。

さてさて、では有名どころの成績です。

タイガー・ウッズが5アンダーで4位タイ。

2打罰が無ければどうなっていたんでしょうか?(トップは9アンダー)

絶対に精神的にキてたはずですからね。

でも頑張りましたタイガー!

早く、マスターズでの優勝をもう一度見せてください。

リー・ウエストウッドが3アンダーで8位タイ。

フレッド・カプルスが1アンダーで13位タイ。

アーニー・エルスも1アンダーで13位タイ。

ジャスティン・ローズ、ベルンハルト・ランガー、ロリー・マキロイが2オーバーの19位タイ。

リッキー・ファウラー、ブライアン・ゲイ、ビジェイ・シン、石川遼が4オーバーの38位タイ。

バッバ・ワトソン、ホセ・マリア・オラサバルが7オーバーの50位タイ。

フィル・ミケルソンが9オーバーの54位タイ。

こんな感じです。

いや~、今年のマスターズも楽しませてもらいました。

また来年も楽しませてください。

出場選手の皆さん、お疲れ様でした。

アダム・スコット選手、優勝、本当におめでとうございます!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です