ジュニアゴルファーの練習法!?

最近はホントにジュニアゴルファーが増えました。

目指せ!遼くんって感じなのでしょうか。

特にゴルフ練習場で練習している姿は可愛くもあり、頼もしくもありますね。

ではジュニアゴルファーがする練習って、一般の大人がする練習とは違うのでしょうか?

実は少し違います。

なんといっても、まだまだ身体が出来てないジュニアですからムチャはさせられません。

楽しみながら、ゆる〜くゴルフを覚えてもらいましょう。

ホントの初心者の時の練習内容は、こんな感じですね。

まずはグリップです。

オーバーラッピング?インターロッキング?

そんなの必要ありません。

ベースボールグリップで十分です。

いや、本当にバットを握る感覚で良いと思います。

また右手と左手は少し離してグリップさせると、手首の返りを自然と覚えられます。

次にスイングですが、子どもはどうしてもクラブのヘッドをボールに当てようとします。

何故なら、ボールをぶっ飛ばしたからですね。

するとスイングが小さくなったり、インパクトでスイングを止めてしまったりします。

ここはひとつ、大きくゆっくりとしたスイングを心掛けるように指導してあげてください。

またスイングが円(回転)であることも教えないといけません。

初めての練習で大人のクラブ使う子どもは、クラブが振り切れずに振り上げたクラブを真下に振り下ろす事しかできないからです。

実はこのスイングを覚えるまでに飽きて辞めてしまう子がほとんどです。

ここを乗り越えられるかが、最初のポイントですね。

目指せ!遼くん!!って事で子供たちに頑張ってもらいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です