整骨院で見たゴルフレッスンの話

寒い冬もそろそろ終わりが見えてきました。

ゴルフシーズンが始まりますよ。

そういえばこの前、整骨院でゴルフレッスンをしている現場に出くわしました。

あ、そうそう。

何故、整骨院に行っていたかというと、車で事故をしたからです。

赤信号で停まっていると後ろから来た車に・・・って、この話は置いといて。

整骨院での話しです。

ぼくの隣で電気治療を受けていたおじいさんが看護婦さんとおしゃべりをしていました。

看護婦さん「ずっと寒くて、全然ゴルフの練習していないんですよぉ」

おじいさん「俺は昨日も2時間ぐらい練習に行ってきたなぁ」

ってな具合に、しばらくはおじいさんの2時間練習した話が続きます。

看護婦さん「以前にレッスンプロに言われたんですけど、ゴルフクラブは縦に振れって。全然、意味が解りません」

おじいさん「それはな!剣道のメーンを打つようにクラブを上から下に振り下ろすようにだな・・・」

ここから延々と剣道の面打ちの話が続きました。

ぼくの電気治療が終わっても剣道の話が終わりません。

しかも内容がチンプンカンプン。

看護婦さんもお腹イッパイの様子でした。

最後は電気の端末が身体に付いた状態でブンブンとゴルフのスイングを実践する始末。

コードがグリングリンと振り回されて、首を引っ張っていたおばあさんの顔に当りそうでした。

看護婦さんが慌てて止めに入ってやっと落ち着きました。

ゴルフってホントに凄いです。

おじいさんの説明する【ゴルフクラブの縦振り】は一向に理解できませんでしたけど、ゴルフに対する熱いモノは感じました。

これからも感電しないようにゴルフを頑張って欲しいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です