ゴルフで自打球はクソ痛い!

今まで一度だけ自打球を経験した事があります。

ゴルフで自打球っていうのも珍しいのですが、ホントにあったんですよ。

とある古い練習場で練習していた時の事です。

まぁ、建物から打席、置いてある備品まですべてに年季が入っているようなところでした。

今でこそ見なくなりましたが、そこは【土】の上で打つ打席だったんです。

前後の打席の区切りは、緑色に塗られた低い板が立てられているだけ。

事件はそこで起こります。

PW(ピッチングウェッジ)のフルショットを何度か打っていました。

PWといえども、最低でも3つの飛距離は打ち分けたいものです。

ぼくも当時は、それなりに頑張ってゴルフしていたんですね。w

まずは自分の通常の距離でのフルショット。

次に通常距離+10ヤードのフルショット。

最後に通常距離-10ヤードのフルショットです。

-10ヤードのフルショットが安定しないので何度も何度も打っていると、不意に声を掛けられました。

「あっ、・・・・てますか?」

もうスイングしていて、インパクト寸前でですよ!

しかも内容が聞き取れず。さらに女性らしき声。

ビックリして身体が伸び上がり、スイング中だというのに後ろを振り向きました。ww

この時の事を鮮明に覚えています。

交通事故に合った人がよく言う、スローモーションのように全てがゆっくりと動き出したのです。

慌てて振り向こうとして身体が伸び上がり、PWのクラブフェースがアウトサイドインの軌道に入ります。

ボールがクラブフェースの先端に微かに当りました。

ボールはほぼ前の打席(打球方向ではない)に向かって飛んで行きます。

打席の区切りに置いてある緑色の板にボールが当り、跳ね返ってきて自分の右足に向かってボールが戻ってきます。

ディンプルの形に擦り切れた白地に赤のラインが入ったゴルフボールが、右足の内側のくるぶしに激突しました!

直撃です。激痛です。

ホントに「ハウっ!」って言葉が口から出ました。

目から火の出るような痛さです。

後ろからしゃべりかけたバカ女は知らん顔しているし、周りの人は区切りの板にボールが当った音にびっくりしてこっち向いているし、スーパー痛いし、ウルトラ恥ずかしいし・・・

絶対にヘタクソだと思われましたよ。

いや、ヘタクソなんですけどね・・・

ちなみに後ろから声を掛けた女の言葉は、「あっ、ここ空いてますか?」でした。

見りゃ解るだろっつーの!

みなさんも自打球は気を付けてくださいね。

めちゃくちゃ痛いから。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です