2016 全英オープン 結果発表!

今年の全英オープンも終わってしまいした。

全英オープンが終わったという事は、4大メジャーの大会が3つ終わってしまったって事。

はやっ!

もう3つも終わってしまったんですよ!!

さてさて、

では、2016年の全英オープンの結果を発表致しましょう。

今年の全英オープンは、リンクスの名門といわれるほどのコース。

その名も「ロイヤルトゥーンGC」です。

見た感じですが、もうねぇ、吹きっさらし!

こんなところでゴルフやっていたら上手くなるわ!感じのするところです。

このロイヤルトゥーンですが、今回で9回目の全英オープンとなりました。

今年の一番の見どころは、何といっても二人の死闘ですね。

ヘンリック・ステンソンとフィル・ミケルソンです。

結果から言いますと、今年の全英オープンはヘンリック・ステンソンの優勝で終わりました。

しかし、しかし!フィル・ミケルソンとは、たった2打差だったのです。

ではどんな物語があったのでしょうか!?

実は初日、フィル・ミケルソンは63という驚異的なスコアを叩き出します。

8アンダーで当然トップに躍り出ます。

2日目、69でホールアウトするフィル・ミケルソンにヘンリック・ステンソンが喰らいつきます。

ヘンリック・ステンソンは、初日68、2日目65のトータル133。

フィル・ミケルソンは、初日63、2日目69のトータル132。

この時点ではフィル・ミケルソンが勝っています。

しかしその差は一打差。

そして3日目がやってきました。

フィル・ミケルソンは70でフィニッシュ。

しかしヘンリック・ステンソンは、68でフィニッシュしたのでした。

大逆転!

ヘンリック・ステンソンの3日目のトータルが201。

フィル・ミケルソンの3日目のトータルは202。

しかしその差は一打差。

もう本当にデッドヒートです!

1打差で最終日を迎えます。

両者共に胃の痛い夜を過ごしたんではないでしょうか?

そして最終日、ヘンリック・ステンソンは63でフィニッシュします。

そう63です。

フィル・ミケルソンが初日に出したスコアでした。

フィル・ミケルソンの最終日は65。

ヘンリック・ステンソンが2日目に出したスコアです。

最終的な二人のスコア差は2打でした。

悔やまれるなら、フィル・ミケルソンの3日目の70でしょうか。

70台を出しちゃダメな大会だったんですね。

ヘンリック・ステンソンは4日間を通して、すべて60台でプレーしています。

超人的な精神力を持っているのでしょう。

ちなみに3位のJ.B.ホームズの最終スコアは6アンダー。

フィル・ミケルソンとの差は11ストローク!

ヘンリック・ステンソンとフィル・ミケルソンがどれだけ凄かったかが良く分かりますね。

ヘンリック・ステンソンはメジャー初勝利です。

スウェーデンの選手です。

ティーショットをスプーンで打ち、300ヤード飛ばすと言えば知っている人もいるかな?

ヘンリック・ステンソン選手、これからも頑張ってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です