ゴルフ初心者のゴルフエントリー基礎知識5

ゴルフの予約をするのに、もっともお得な時期というのがあります。

なんでもかんでも、思った時にエントリーすれば良いワケではありません。

ゴルフの予約は「早い時期」と「ギリギリ」がお得なのです。

それでは詳しく説明しましょう。

ゴルフに行こうと思って1ヵ月前に予約を入れました…、これが一番オーソドックスだと思いますが、一番損してるパターンでもあります。

通常、ゴルフの予約は3ヵ月ぐらい前からスタートします。

5月の予約なら2月ぐらいにはエントリー出来るのです。

そして、早ければ早いほどお得なプランがあります。

それが「早割」です。

ゴルフ場側も早くエントリーを入れて欲しいので、通常よりもお得なプランを出してきます。

それが狙い目!

ゴルフに行く日にちが決まっているなら、早目にエントリーを入れるのが◎です。

次にお得なのが、ギリギリのエントリーです。

これを直前割引、略して「直割」と言います。

ゴルフ場側が、どうしてもエントリーが入らず空き枠ばかりになった時、プレー料金を下げてでも来場者を増やしたい時に使う手法です。

但し、来場数がそこそこあれば直割が出ませんので注意してください。

では、ぼくのオススメのエントリー方法を紹介しましょう。

5月1日の日曜日(架空の日付です)にエントリーしようと思います。

まずは2月ぐらいに早割のプランを見て、希望するゴルフ場の2~3件にエントリーを入れます。(笑)

プレー日の1ヵ月ぐらい前に料金がどうなっているのかを調べます。

キャンセルの出来るギリギリぐらいにもう一度料金を確認して、直割プランが出て無いかを調べます。

良い直割プランが無ければ、先にエントリーした早割プランの要らない予約をキャンセルします。

もし良い直割プランが出ていればエントリーしておいて、先にエントリーした早割プランを全部キャンセルします。

あまり褒められた方法ではありませんが、どうしてもお得なプランでゴルフがしたいならやってみてください。

注意すべきは、キャンセル料の掛からない時にキャンセルする事です。 ← ここは要注意ですよ。

キャンセル料を払うのはバカらしいですからね。

※平日のキャンセル料を取るゴルフ場はほとんどありませんが、必ず確認しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です