ショートアイアンは放り投げる気持ちで!

今日はショートアイアンのお話。

大きいクラブでボールを打った場合は、少々ボールが曲がってもある程度は許せます。

でも残り150ヤードを切ったぐらいのショットが曲がると大ピンチ!

バンカーに入ったり、グリーンを外してラフ、スコアメイクに響きまくりです。

あなたはショートアイアンでキッチリと狙った方向へ打てますか?

えっ!?ダメ???

それなら是非とも試してもらいたい方法がありますので、よく読んでくださいね。

ショートアイアンは、ドライバーでショットした時のように「どスライス」や「どフック」のボールが出る事はほとんどありません。

どちらかというとショートアイアンでショットした時の【ボールの出だし】がすでに狙った方向じゃなく…

そして、そのまま狙って無い方向へ真っ直ぐ飛んで行く…、こんなパターンが多いのではないでしょうか。

打ったボールが左に出て、そのまま真っ直ぐ左へ…

打ったボールが右に出て、そのまま真っ直ぐ右へ…

覚えがありませんか?

もちろんアドレスの方向が悪いと話になりませんが、アドレスはそこそこキッチリとした方向を向いているにも関わらず、上のような症状がでるなら次のようにスイングしてください。

それは、目標に向かってクラブを放り投げるようにスイングします。

ホントに投げちゃダメですよ!あくまでも、放り投げるように…です。

アドレスをしてバックスイングします。

インパクトからは目標に向かってクラブを放り投げるようにショット!

クラブを左や右に振ってはいけませんよ。

グリーンにあるピンを目掛けてクラブを放り投げるような気持ちでスイングします。

いくらキッチリとアドレスを取っても、クラブを左や右に振るとボールの出だしが狂ってしまい、結果としてボールがそのまま左や右に飛んでいってしまいます。

ショートアイアンは目標に向かって放り投げるようにスイングすると、ボールは目標に向かって飛び出していきます。

前にも書きましたが、ショートアイアンで打ったボールはそれほど曲がらないので、目標の近くに落下するはずです。

ショートアイアンの方向でお困りなら、次のラウンドで試してみましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です