つま先上がりでナイスショットを打つ方法

ドライバーでスライスする人のセカンドショットは、ほとんどつま先上がりです。

ボールが右に曲がって飛んで行き、右の斜面に止まるからですね。

ドライバーショットのスライスを直すのも重要ですが、ここではつま先上がりのライからアイアンでナイスショットを打つ方法を勉強してみましょう。

意外とカンタンなので、すぐに実践で使えますよ。

次にコースに出たら是非やってみてください。

【つま先上がりの打ち方】

つま先上がりの傾斜にボールがある時は、打ったボールは左に飛んで行きます。

ショートアイアンになればなるほど左に行きますので注意してください。

少し右側を狙ってアドレスします。

次に少しクラブを短く持ちます。

ボールと自分の距離が近くなるので、スイングが窮屈にならないようにする為です。

体重はつま先側に掛けてアドレスします。

そしてココで注目して欲しいのは、右足のカカトをずっと上げておく事。

スイング中もずっとです。

右足のカカトを上げたままでショットします。

これだけでナイスショットが出ますよ。

理由はイロイロありますが、テークバックで体重がカカトに移動するのを阻止するための措置です。

ホントにたったコレだけでナイスショットが出ますから、嘘だと思ったら是非コースで試してみてください。

ゴルフってホントに不思議ですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です