つま先下がりでナイスショットを打つ方法

フック系(左に曲がるボール)を打つ人は、つま先下がりの状態からボールを打つ事が多くなります。

つま先下がりのショットは、つま先上がり、左足下がり、右足下がりの中で断トツに難しいショットです。

また、つま先下がりやつま先上がりのショットは、フェアウェイを外した時に打つライなので、ドライバーのコントロールが悪いとも言えますね。

難しいショットですが、ポイントを押さえれば打てないワケではありません。

頑張って練習してみてください。

【つま先下がりの打ち方】

つま先下がりから打ったボールは、右へと流れて行きます。

自分が打ちたい場所よりも、もっと左側を狙ってください。

しかも飛距離が少し落ちますので大き目のクラブが良いですね。

大きいクラブはロフトが立ってきますので、打ったボールは更に右へと流れますから注意してください。

アドレスした時の体重は出来るだけカカト側に載せます。

つま先に体重を掛けると、前に倒れしまいますよ。

ボールの位置は真ん中でOK、クラブもいつもと同じようにグリップしてください。

そして最大の注意です。

スイング中は下半身を一切動かさない事!

足がグラついてもダメです。

腰から下は絶対に動かさない。

下半身を動かさないので、バックスイングで身体が回せないかも知れません。

身体は回せなくても良いので、テークバックは下半身が動かないところでストップします。

飛距離が足りないと思ったら、更に大きいクラブを使ってショットしてください。

何度も言いますが、下半身は絶対に動かしちゃダメですよ。

もちろん、フィニッシュも必要ありません。

クラブフェースがボールを打ったらお終いです。

つま先下がりでミスする人は、下半身が動くからです。

下半身は固定して、しっかりショットしてください。

慣れれば、グリーンまでの距離が長くても、ユーティリティーなどでグリーンを狙えるようになりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です