右足下がりでナイスショットを打つ方法

つま先上がり、つま先下がり、左足下がり、右足下がりのライで一番カンタンなのが、今回の右足下がりのショットです。

右足下がりのショットという事は、ターゲット方向(グリーン方向)に向かって登りのショットという事になります。

比較的ナイスショットが出やすいショットでもあります。

右足下がりでナイスショットの経験はありませんか?

それでは、毎回ナイスショットが打てるように、右足下がりの打ち方を覚えましょう。

…と、その前に、右足下がりで多い【ミスショット】は何か知っていますか?

まずは、「ザックリ」です。

つぎに、「左への引っ掛け」、最後に、「ショート」です。

ショートはミス!っていう程のものではありませんが、だいたいがこの3パターンですね。

この3つのミスパターンのチェックもしつつ、打ち方を説明しましょう。

最初にアドレスですが、右足体重で構えます。

傾斜と自分の肩が、並行になるようにセットしてください。

これで斜面の傾斜に沿ってスイングできるので、「ザックリ」が出にくくなります。

次に、アドレス時のボールの位置は、通常のボールの位置と同じにします。

レッスン書によっては、ボールを左へ寄せて構えます…などと書かれているものがありますが、ボールはいつもと同じ位置へ。

登り斜面からのショットは普通に打っても左に行きやすいので、ボールはいつもと同じ位置がベストだと考えます。

この状態で斜面に沿ってスイングすればOKです。

難しことはありません。

しかし!

…必ずショートします。

理由は2つ。

● 斜面に沿ってアドレスしている為、クラブのロフトが寝てしまっている。

● 登り斜面に落下するボールは、通常の落下位置より高くなる。

この二つがショートの原因です。

斜面の傾斜によってクラブを大きなものに替える必要がありますが、1クラブぐらいじゃ無くて、1.5クラブぐらい大きいモノを選択しましょう。

経験上、「これじゃ、少し大きいかな…」と思うぐらいで良いかと思います。

これで右足下がりのショットは完璧ですね。

右足下がりのショットはグリーンが見えませんが、ナイスショットが出やすいので臆せずガンガンいきましょう。

グリーンに上がって自分のボールがナイスオンしていたら、それは嬉しいものですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です