左足下がりでナイスショットを打つ方法

やってきました、左足下がり!

ゴルフコースでつま先下がりと同じぐらいに厄介なのが、この左足下がりです。

打ちにくさとミスの出る量では、1・2を競います。

それでも打ち方さえ知っていれば大した事はありません。

2回~3回ぐらいミスすれば、次からはミスしないようになりますよ。(笑)

では、打ち方を紹介しましょう。

左足下がりは打ち下ろしの状態と同じです。

ボールのある場所から、グリーンまでが見渡せると思います。

まず、ここで注意したいのは、打ったボールの結果を早く確認しようとして頭が上がる事です。

いくら右足下がりのショットの方法を知っていても、ヘッドアップしては何もなりません。

要注意です。

ではアドレスですが、左足体重で構えます。

地面の傾斜と肩のラインが並行になるようにアドレスしてください。

次にクラブのグリップですが、少し短めに持ちます。

ボールの位置ですが、いつもより少し右足寄りに置いてセットしてください。

何度か素振りすると、クラブの接地点がいつもり右足寄りにあるのがわかると思います。

ボールの位置はだいたいその辺りですね。

そして傾斜に沿ってスイングします。

但し、ボールを打ったらフィニッシュは取りません。

クラブフェースがボールに当ったらお終います。

無理にフィニッシュを作ろうとすると右足を蹴り上げるので、頭の位置が上がってボールをトップしてしまいます。

フィッシュは必要ありません。

打ったボールは自分が思っている以上に飛びますので注意してくださいね。

何故なら、右足下がりの時と同様にライによってクラブのロフトが変わってしまうのと、ボールの落下地点が通常よりも下になるからです。

傾斜の角度にもよりますが、ワングラブぐらい小さいクラブを選択しましょう。

更に、更に…

ボールは右へ出やすくなります。

自分が打ちたい地点より少し左方向を狙ってショットしましょう。

この打ち方を守れれば左足下がりのライなど恐れるに足らずです。

コースに出れば嫌でも1回以上はこのライからのショットになります。

ガンバって練習してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です