『わざと』 インテンショナルフック 『曲げる』

トラブルから脱出!ボールを曲げる方法では、トラブルに陥った時でもボールを曲げて脱出する方法を紹介しました。

紹介したのは右へ曲がるボール、【インテンショナルスライス】です。

今回は左へ曲がるボール、【インテンショナルフック】です。

どちらかと言うとインテンショナルフックの方が簡単だと思いますので、是非マスターしてみてください。

自分のゴルフに幅が出来ます。

それではインテンショナルフックの打ち方です。

想像してください…

ここはコース左側の林の中です。

グリーン方向には木々があって、直接グリーンを狙う事はできません。 …そんな状況です。

まずはクラブの選択です。

フックボールの場合はボールがよく飛びますので、グリーンまでの直線距離で選んだクラブよりもの1つ大き目のクラブを選択しましょう。

次にスタンス。

絶対に木々に掛からない方向へスタンスを取ります。

この場合でしたら右方へ向きます。木々に背中を向ける感じです。

|     (グリーン)                        (グリーン)

|       木木木                           木木木

|        | ← スタンスの方向                 / ← スタンスの方向

|        ↑ これはダメ                      ↑ これが正解

次はクラブです。

打ちたい方向(ここではグリーン)にクラブのフェースを向けてセットします。

多分トンチンカンな状態になっていると思いますが、フェースをターゲットに合わせたらグリップしてください。

決して、グリップしてからフェースの向きを合わせるのでは無く、フェースの向きを合わせたらその状態で普通にグリップしてください。

あとはいつもと同じようにスイングします。

ショットしたボールは一旦、スタンス方向へ飛び出し、大きく左に曲がって行きます。

インテンショナルスライスの打ち方と真逆ですね。

スライスはハッキリ言って掛かりにくいですし、距離もでません、ボールが高く上がってしまいます。

でもインテンショナルフックなら、曲がり易いし、距離も出ます、低いボールがでるので実践的です。

まずはこの2つのショットでトラブルから脱出してみてください。

きっと役に立ちますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です