【アイアンで】 バックスピン! 【簡単に打つ】

一昔前のゴルフでカッコ良かったのは、バックスピンのボールが打てる事です。

グリーンにオンしたボールが少し戻ってくると、それだけで「カッコイイィィ~♪」と憧れたものですね。

最近の主流はボールがグリーンオンしたら、その場所から動かずにピタリと止まるショットです。

でもこの止まるボールも、バックスピンも要は同じ事。

スピンの量が少ないとボールが止まって、スピン量が多いとボールが戻るという訳です。

…高さの件はひとまず置いといて。

止まるボールも良いですけど、今日は

【簡単にバックスピンのボールが打てる方法】

を紹介しましょう。

バックスピンの効いたボールを打ちたいのであれば、ボールを上から打ち込む事。

ビリヤードのマッセのような感じですね。 …わかるかな。

簡単に言うと、

アイアンのヘッドを上からボールに叩き込むと、ボールにバックスピンが掛かります。

下からすくい上げるんじゃありませんよ。

それでは打ち方です。

まずはボールの位置。

いつものボール位置よりも、ボール一つ分右足へ移動させます。

スタンスの体重配分ですが、左足に9割・右足に1割にします。

ほとんどの体重を左足に掛けて、アドレスしてください。

身体が左側へ寄ってしまいますが、それで大丈夫です。

次にクラブ。

クラブヘッドをボールの後ろに置いて、ヘッドの方向を合わせてからグリップしてください。

かなりのハンドファーストになっているはず。

ここで注意ですが、同じハンドファーストでもクラブをグリップしてからボールの後ろにクラブのヘッドを置いて構えてはいけません。

このハンドファーストは間違いですよ。

注意してください。

クラブのロフトがいつもより立っていませんか?

これでショットすると自分が思っている以上にボールが飛んでしまいます。

1クラブほど小さいクラブを選択しておきましょう。

さて、あとは左足に体重を掛けたままで、いつも通りのスイングです。

テークバックでは右足に体重を移してはいけません。

ずっと左足体重まま。

インパクトも、フォロースルーも、フィニッシュもすべて左足体重です。

左足体重でダウンスイングをすると、身体が左寄りになっている為に身体の右側に空間が生まれます。

その為、クラブヘッドが上から直線的にボールに向かって下りてくるようになります。

これでボールを上から叩く事ができるようになるんですね。

但し、左足体重なんでフォロースルーが取りにくくなります。

この打ち方の場合、フォロースルーやフィニッシュは無くてもOK。

俗にいうパンチショットと呼ばれるのがこの打ち方になります。

グリーンの奥がバンカーやOB、またはグリーンが向こう側へ下っている…こんな状態なら迷わずにバックスピンの効いたショットでバーディチャンスを狙ってください。

その他、もっと簡単にバックスピンを打つ方法はこちら。

新・かんたんバックスピンを打つ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です