アイアンのザックリ防止

セカンドショット地点から、アイアンショットしてザックリ…

背筋に寒いものが走ります。

大きく掘り返した地面の先に、ポツンと白いゴルフボールが…

覚えがあるでしょう。

ザックリするにはワケがあります。

アイアンのザックリ防止について説明しましょう。

まず、アイアンでザックリする原因には3つあります。

まずひとつ目は、左手の小指ちゃん。

アドレスして、テークバックしてトップ、ダウンスイングに入る時に小指が緩んでしまったらザックリになります。

小指をしっかりグリップしておていください。

特に左の握力はゴルフをする上で重要ですよ。

ふたつ目は、手首の形です。

アドレスした時の手首の形を保ったまダウンスイングに入って来ないと、ザックリが出ますよ。

インパクトのぎりぎりまで手首の形(コック)は崩さないでください。

みっつ目は、右肩の下がり。

アイアンショットなのに飛ばそうとして力が入ると右肩が下がってザックリです。

これは、打とうとするグリーンまでの飛距離が使うアイアンでギリギリだった場合や、打ち上げのホールに多く見られます。

少しでも飛ばしたい、少し足りないから飛距離が欲しい…こんな場合にザックリです。

覚えておきましょう。

逆に、大き過ぎるクラブを持つとグリーンオーバーが気になって、手首やグリップの力が弱くなりザックリが出たりもします。

この辺りも注意したいところですね。

ザックリを無くして、気持ち良いゴルフを展開してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です