ゴルフクラブはやさしく【面】でグリップする

誰でも初心者の時は、ゴルフクラブを『ギュッ』と握りがちです。

しかし、ゴルフが上達するに連れ、グリップに力を入れなくてもゴルフクラブを握れるようになります。

では、ゴルフの初心者と上級者では、グリップで何が違うのでしょうか?

それは、面でのグリップと点でのグリップだと思います。

初心者は【点】でグリップするから、グリップに力を入れてしまうのです。

では、点のグリップってなんでしょうか?

点のグリップとは掌でゴルフクラブを包んむようにグリップしても、実際には主に指でグリップしてしまっています。

指でグリップすると手の中でゴルフクラブが動いてしまう事があり、なかなかしかっりとしたグリップができません。

これが初心者です。

右利きの人なら、人差し指の第一関節や第二関節、下手をすると右手の親指などにタコが出来たりします。

左手の人差し指辺りにもタコが出来ます。

指にタコが出来るのは【点】でグリップしているからです。

ゴルフの上級者は、掌でゴルフクラブを握ります。

これが【面】でのグリップです。

右手なんかクラブに引っ掛けているだけのように力が入っていません。

掌でゴルフクラブをグリップするとスイング中やインパクトでグリップが緩む事が少なくなります。

イメージでいうとゴルフクラブに左掌が『べちゃ』と吸いつく感じのイメージですね。

隙間なく掌でゴルフクラブを握れるようになると、ショットしたボールも安定するはずです。

誰でも最初からすぐに出来る訳じゃありませんから、少しでも暇があれば棒状の物をグリップしたりしてイメージを掴んでみてください。

良いグリップが作れれば上達の近道になりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です