フィニッシュ時の体重位置

ショットの最初がテークバックで始まり、最後がフィニッシュです。

このフィニッシュが綺麗に取れるかどうかで、ショットの善し悪しも違ってきます。

スイングの際、インパクトからフィニッシュに掛けて体重の移動はどうなっていますか?

まさかとは思いますが、フィニッシュで右足に体重が残っている事はありませんよね。

体重移動を上手く使えば強いボールが打てるようになりますよ。

ドライバーショットの場合、テークバックからダウンスイングまでは右足側に体重が載っているものです。

アイアンの場合、体重配分は左右で5分5分の感じでです。

インパクトの時はどうなのか?

ドライバーの場合は、まだ右足に体重が載っています。

アイアンの場合は、この時すでに左足に体重が載り始めています。

左6~7分、右4~3分程度です。

インパクト後、フォロースルーからフィニッシュに向かいます。

ここからです!

右足の付け根辺りに力を入れて、地面を強く蹴り上げてみてください。

ボールの飛球方向に蹴り上げるんですよ。w

そうすると全部の体重が左足に移るはずです。

左足1本で立てるぐらいまで蹴り上げてみてください。

これが意外と出来ていない方が多いのです。

蹴り上げる勢いで右足が左足よりも前に出てしまっても問題ありません。

勢いよく、バシッと蹴り上げます。

これが出来ればボールに体重が載り、強いボールが打てるようになります。

飛距離だってアップするはずです。

是非一度、試してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です