アドレス時の背筋に注意!

今日はワンポイントレッスンです。

ショットの良し悪しは、実はアドレスの時に決まっています。

しっかりしたアドレスが取れるとナイスショットが生まれますが、アドレスが悪いとスイングプレーンも崩れてミスショットに繋がります。

またアドレス時には、ライや方向やグリップ、スタンス、ボールの位置、グリップなどなど・・・注意すべきところがイッパイで大変です。

ですが絶対に忘れてはいけない場所があります。

それは・・・

背筋です。

基本的にアドレスした時、ボールは上から見ることになります。

ですからどうしても猫背になりがちです。

まずはスタンスを決めて、腰を落とします。

次に背筋を伸ばして大きく胸を張ります。

そしてクラブをボールの位置にセット。

腰を反った上体で胸を張ってくださいね。

これでスイングプレーンが崩れなくなります。

右利きの方は、普段のアドレスを右側(テークバック側)から鏡に映して見て下さい。

背筋が丸くなって頭が下がっていませんか?

お笑い芸人のオードリーの春日みたいにしっかりと胸を張りましょう。(←本気ですよ)

これであなたのミスショットの2割は減らせる事ができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です