フォロースルーは臨機応変に

ショットのあとに必ずフォロースルーが必要かと言われればノーです。

何故なら、フォロースルーが無いショットが現実にあるからです。

自分が打とうとするショットに対してフォロースルーが必要かどうかを考えてみましょう。

では、どんなショットにフォロースルーが必要無いのかを紹介してみたいと思います。

ちなみにフォロースルーが大きいと飛距離が伸びるとか言われていますが、いままで感じた事がありません。

フォロースルーが無いショットとは、基本的に特殊なショットです。

まずはバンカーショット。

エクスプロージョンでボールを出す場合は、フォロースルーがありません。

クラブのヘッドを砂の中に打ち込めばOKです。

逆にエクスプロージョンショットでフォーロースルーを取ってしまったら、クラブヘッドが砂の中に潜ってしまいクラブのシャフトが折れちゃうかも知れませんよ・・・

次にインテンショナルショット。

意図的に右や左にボールを曲げようとするショットでは、フォロースルーが必要ない場合があります。

さらに低い弾を打つ場合は、クラブヘッドがボールに当ったらそれでショットが終了です。

フォロースルーを取ってしまうと球が高く上がってしまうからです。

パンチショットと呼ばれるものですね。

最後にアプローチショット。

深いラフにボールが入っている場合は、バンカー同様に打ち込んで終わりです。

下手にクラブヘッド振り抜こうとしたら、トップしたり空振りしたりしますから注意です。

また、急な左足下がりで深いラフでのショットなら、フォローとか言っている次元じゃありません。

こんな時はパンチショット気味のアプローチでグリーンを狙いましょう。

基本的にフォロースルーが無いショットは、すべてパンチショットに近い・・・と言っても過言ではありません。

このパンチショットは、あのタイガー・ウッズも使う戦略性に富んだショットなんです。

パンチショットが打てるようになると、ゴルフのスコアアップに差が出ますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です