入れない、入らない、届かないがスコアメイクの鍵

初心者の場合、とりあえずゴルフボールを遠くに飛ばす!って考えている人が多いかと思います。

ゴルフを始めたばかりの人は『ナイスショット』が出るだけで楽しいのですが、そこから少し上達するとスコアも気になります。

スコアが気になりだした時の【鍵】となるスコアメイクの考え方を紹介します。

さて、脱初心者ゴルファーを目指す人のスコアを良くする考え方は、「入れない、入らない、届かない」が基本かと思います。

「入れない、入らない、届かない」

まずは【入れない】。

バンカーに入れない、ウォーターハザードに入れない、林に入れない、深いラフに入れない、OBゾーンに入れない・・・

これは凄く大切な事です。

脱初心者を目指す方のリカバリーショットがプロ級のはずがありません。

ですから、そんな危険なところに入れるとスコアが崩れてしまいます。

次に【入らない】。

先ほどと同様に、入れてはいけないところに「入らないように考えて打つ」事が必要です。

120ヤード先にグリーンがあり、グリーン手前に大きなバンカー。

9番アイアンでピッタリ120ヤードの初心者が、グリーンを目指してショットするのは無謀だと思います。

上手くいけばグリーンONですが、ミスした場合はバンカーです。

その9番アイアンに絶大な自信がありますか?

手前に刻むか、少し大きめに打つか、多少ミスショットをしてもバンカーなどに入らない方法を考えましょう。

最後に【届かない】。

これは二つの意味があります。

まずはハザードに届かないように打つ勇気です。

どうしてもスコアを良くしたいと思い無茶なショットをしてしまい勝ちになりますが、そこをグッと堪えて危険な場所に届かないような距離のショットをする。

1打無駄になるかも知れません。

しかしハザードに入ったら1打どころか2打、3打を無駄にするかも知れないのです。

引く勇気も必要ですよ。

二つ目は、グリーン上です。

ボールがカップに「届かない・・・」では、永久にカップインすることはありません。

ショートするぐらいなら少しカップをオーバーする方がまだマシです。

グリーン上では強気で、ボールがカップに届くようにパットしましょう。

脱初心者を目指すならただ我武者羅にボールを打つだけでなく、スコアを落としそうな状況を避ける事も必要です。

でないとスコアが伸びません。

もっと簡単に言うと、バンカーショットが苦手なら、バンカーに入れなければ良いだけの事。

OBでスコアを落とすなら、OBしないようにティーショットすればいいのです。

そのためには、グリーン手間で刻む勇気やティーグランドでアイアンを持つ勇気が必要になるという事ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. マネジメント通り決まると、地味に嬉しいですね。

    ロングで無理すれば2オン狙える状況でしたが、冷静にバンカーゾーンを避けて、刻んで3打目勝負が成功して、今年初のバーディゲットできました。

    集中力が無いのか、戦略を何も考えずラウンドする事が良くあります、考えているときの方がスコアが良い気がしますね。

    駄弁りが楽しいメンバーだと何も考えてない気がします、打つ直前まで駄弁ってるしw

    • ジュッシ より:

      今年初のバーディおめでとうございます!
      ゴルフはそういうクレバーな対応が出来る人のスポーツだと思います。

      > 駄弁りが楽しいメンバーだと何も考えてない気がします、打つ直前まで駄弁ってるしw

      うわぁ~、それって一緒にプレーした時、実は少し怒ってたんですか?ww

      でも、しっかり考えてプレーするのとしないのとでは、全然違いますよね。

      まぁ、ぼくは終始しゃべっていますからスコア悪いですけど・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です