アドレスは自分に合ったものを

ゴルフ初心者の方が始めて教わるアドレスは、誰でもほとんど同じです。

スタンスは肩幅、左のつま先は少し開いて右足のつま先よりも下げる。

こんな感じじゃないでしょうか?

別にこれが悪いわけじゃありません。

ですが、スタンスも自分に合ったものじゃないと意味がありません。

まずは肩幅のスタンスです。

スタンスを肩幅まで広げると身体があまり回転しません。

そこを無理やり回転させてテークバックさせると右側にスエーしちゃいます。

多分、ダウンスイングでダフってしまいますね。

身体が硬い人は無理して肩幅までスタンスを広げる必要はありません。

少し狭くして身体が十分に廻るぐらいのスタンスでも十分です。

但し、スタンスを狭くすると身体が上に伸び易くなるのでそこも注意です。

次に左つま先を開く事です。

左つま先を開くのはインパクト後に身体がスムーズに廻り易くする為です。

しかしこれもスライスが出やすい人がやると、余計にスライスを増長します。

スライスが出易い人、または初心者は本来つま先を閉じるのが良いと思います。

インパクト後は身体が窮屈になりますが、左足一本に体重を乗せて立てるようになれば体重移動を早く覚えられます。

このようにその人、その人に合ったアドレスがありますから自分にあったアドレスを早く見つける事が肝心です。

またプレー中でも、今日は左側(フック)にボールがよく出ると思ったらオープンスタンスでつま先を開いてやる。

これでインパクト後に身体が止まる事を防げるので左側にボールが行きにくくなります。

プレー中であっても、その日の調子でアドレスを変えてみましょう。

人間はロボットではありませんから、その日の調子に合わせて臨機応変な対応をどうぞ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. >またプレー中でも、今日は左側(フック)にボールがよく出ると思ったらオープンスタンスでつま先を開いてやる。

    今までは、右足を引いて調整していました。
    こちらの方が違和感が少ないかもしれませんね、
    気付かんかった、今度試してみよう。

    僕は、色々試した結果、ほとんど
    つま先を開きません。
    歩くときの開き具合が自然で良いとか、
    どこかで読んだことが有り、
    後から、これでいいのだと納得しましたw

    • ジュッシ より:

      ホントにみなさんセオリーとかいうヤツに踊らせられすぎです。
      そういう私も激しく踊っていますが。w

      ゴルフは自分が一番良いと思った方法でやるのがベストです。
      最善の方法はあっても、『絶対』と呼べる方法はありませんからね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です