スタンスとボールの微妙なライの誤差がミスショットを生む

コースに出て、18ホールをプレーすると必ずどこかでミスショットがあるはずです。

理由の解っているミスショットなら良いのですが、理由が解らないミスショット・・・

この原因って何か知っていますか?

今日は、何故ミスになったのか理解に苦しむミスショットの謎に迫ります。

・・・ってそんなに大げさなものでもありません。w

ほとんどの場合、自分の思い込みなんです。

キッチリとチェックしてショットしたのにフックやスライス。

ダフリやトップ。

これって、実はライが関係している可能性があります。

スタンスの位置は平坦でも、スタンスの位置とボールの位置にズレがあればショットに影響が出ます。

たぶん、あなたが平坦と思っているのは、スタンスの位置とボールの位置だけなのです。

スタンスの位置よりもボールの位置が高ければつま先上がりになります。

ただ自分の立っている場所が平たいから【平坦な場所】と思うのは危険だという事ですね。

あと、ショットする向きにも注意してください。

同じ場所に立ったとしてもターゲットを右に45度、左に45度ずらすだけでスタンスの位置が傾斜になることもあります。

フェアウェイでも意外と凸凹していますので、よく注意してからショットしましょうね。

傾斜によって出るミスを紹介しておきます。

●つま先上がり ⇒ フックが出やすい

●つま先下がり ⇒ スライス、シャンクが出やすい

●左足下がり ⇒ ザックリ、トップ、スライスが出やすい

●右足下がり ⇒ ナイスショットも出やすいが、ショートしやすい

こんな感じです。

微妙な左足下がりは気づかない事が多いので一番注意が必要ですよ。

これからは自分のスタンスの位置も気に掛けてセットアップしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ラウンド回数が増えてから、ライの確認をしっかりするようになりました。
    なにも考えず打ってしまう事がありますけど、ヘタなりに打球をイメージする事も大事ですよね。

    マリオゴルフも同じで、左右のブレは飛球線ラインで確認できますが、縦の距離が合わない事がありますね。
    リアルでは、左足下がり右足下がりで番手下げたり上げたりしますよね、見落としがちですけど、マリゴルでもライで縦の距離が結構効いていますね。

    • ジュッシ より:

      ボールのライは結構確認するんですけど、自分の立っているライは見落とし勝ちですよね。

      ってか、マリオゴルフ奥が深いわ。w

      ないとれいんさん、がんばりましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です