手首を返さないスイングもあるんです

いまさら何ですが、手首を返さないスイングもあります。

まぁ、基本的にすべて『手首は返す事になる』のですが、意図して返すか・・・、自然に返るか・・・の違いでしょうか。

一昔前に流行ったスイングで、【ボディーターン】というのがありました。

あれは基本的に手首を意識して返さないタイプのスイングです。

無理して手首を返さなくても、ダウンスイングからインパクト、フォロー、フィニッシュで身体がしっかりと回転すれば手首も返っているでしょ!って感じのものだったのです。

当時、ボディーターンを練習していたアマチュアの人のショットを見たらほとんどがスライスを打っていました。(笑)

手首返し切れてねぇ~・・・っていうか、身体が回り切れてな~い。

プロなら出来ても、アマチュアには難しいんだって。

出来れば意識して手首を返した方がスライスしても曲がり幅が少なくなり、大怪我しなくなると思います。

青木功プロのアイアンショットを見たことがありますか?

インパクト後の手首が凄く返っていますよね。

また、あそこまでするのはアマチュアには無理がありますが、あれぐらいの意識を持って手首を返してみてください。

あともうひとつ注意点を挙げるなら・・・手首の返りが遅いというのもあります。

手首はしっかり返っているのに、返るタイミングが遅いのでボールが捉まりきれていない・・・そんな事もあります。

前回の記事にコメントをいただきました。

フックが出るようになった・・・と。

手首を返す意識が強いと身体が止まる傾向があります。

手首を返しても、身体が止まらないようにスイングしてくださいね。

手首の返りのタイミングを早くしたり、遅くしたりして一番いいタイミングを掴みましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なるほど

    手を返す意識が強いと、体が止まるってのは自覚あるんです、元々手だけじゃなくてその他を気にしても体が止まる傾向があるんですけどねw

    同調させるのは難しいですね。

  2. ジュッシ より:

    そうですね。
    スイングをひとつひとつにバラしていくと、何やってんだか分かりません。

    でも、一連の動作でみるとしっかりスイングになっているもんです。

    身体が覚えるまでしっかりと練習しましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です