手首を返すってどういう事?

ゴルフのレッスンで手首が返っていない!とか言われているのを聞いたことがありませんか?

手首を返す・・・なんじゃそりゃ???って思っていた人もいるかも知れません。

【手首を返す】という事を出来る限り簡単に説明しようと思いますのでお付き合いください。

この記事を読みながら一緒にやってもらえると助かります。

1、両手を前に伸ばして空中で真っ直ぐゴルフのグリップを作ります。
この時、左手の親指が天井を向いている状態にしてください。

2、そのまま左手の甲を天井に向けます。
左手の親指が右を指しました。

3、今度は左手を軸に、一気に右手を左側に回転し移動させます。
右手の甲が天井を向きました。右腕と左腕がクロスしているはずです。

これが手首の返った状態です。

何度かやってみくださいね。

今度はスイングしながらやってみましょう。

1の時は、アドレス。

2の時は、テークバックからトップ、ダウンスイング。

インパクトで一瞬だけ1の状態にもどり。

3の時は、インパクト後からフォーロースルー、フィニッシュです。

【手首を返す】という行為を言葉で説明するのは本当に難しいですね。w

あなたのゴルフスイングは、これぐらい手首が返っていますか?

クロスした右腕と左腕が当たるぐらいですか?

手首が返っていないとボールがスライスしちゃいます。

何度も練習して感覚を掴んでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 気にしながら練習したらおかしくなったorz

    ここ最近少しスラ気味だったのでちょうど良いと試してみたら、だんだんフックがきつくなってきて止まらなくなって、なかなか元に戻らないw

    ちょっと変えだけで大きく変わるのが不思議ですね。

  2. ジュッシ より:

    それって実は、良いことなんですよ。
    一回スイングが壊れるのが難点ですが、フックが出るようになったのはOKです。

    ここから少しずつ身体を早く回しましょう。
    手首だけが返って、身体が止まったらチーピンになりますからね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です