100切るための5つのポイント

ゴルフ初心者の時は、ただガムシャラにゴルフをしていたと思います。

そして、たまに100を切れる時があったり、でもまた100打ったりとシーソーゲームが続きます。

今日はコンスタントに100が切れるようになる・・・であろう、100切りのポイントを5つ紹介します。

それでは、どうぞ!

たとえば、18ホールをすべてダブルボギーでプレーしたら18×2+72=108です。

片方のハーフ(9ホール)をすべてボギー、もうひとつのハーフ(9ホール)をすべてダブルボギーでプレーしたなら100が切れます。

覚えておいてくださいね。

コースによる注意点は、男女によって違います。

男性の場合、注意するのはショートホール。

女性の場合、注意するのはロングホールです。

ショートの大叩きは『親の忠告と冷酒』のようなもので、あとあと効いてきます。

ショートホールでトリプルボギー以上なんか打ったら挽回するのが一苦労です。

女性は飛距離が出ませんからOBの危険は少ないのですが、飛距離が出ないためにロングホールで大叩きします。

スプーンやバフィーなどの大きなクラブが使いこなせるように練習しましょう。

さらにOBのポイント

飛ばし屋の方は特に注意!

100前後のスコアの方だと、OB打ったらトリプルボギーまで一直線ですよ。

特設ティーから1オン1パットできる腕前があれば、この記事を読んでいませんから・・・

それからパットのポイント

18ホール全部のホールを2パットでプレーすれば36パット。

実は、72-36=36 ショットの数とパットの数って同じなんです。

ドライバーやアイアンの1打も大切ですが、100前後のスコアの人はパットの練習をした方が早く100が切れる場合があります。

スーパーロングパットは仕方ないとしても、グリーンにボールが載ったら出来る限り2パットでフィニッシュすることを心掛けてください。

最後のポイントは、スコアの計算をしない事。

上がり3ホールで大叩きする人っていますよね。

自分のスコアを計算して勝手にプレッシャーを感じて自滅するパターンです。

見たことあるでしょ?

実は大叩きする原因は、プレシャーだけじゃありません。

調子が良かったという事は、いつも以上に身体を酷使していた可能性があります。

本人には分からないかも知れませんが、最終ホールを前にして疲れが一気に出てしまう事があります。

ダブルボギー以上の数だけを覚えておいて、パーやボギーは数えない。

特に上がりの3ホール前にスコアをチェックするとヤバイ事になりかねませんよ・・・

良いですか!

● 無理してパーを取りにいかない。(ボギー9、ダブルボギー9でOK)

● 男性はショートホール、女性はロングホールに注意。

● OBは絶対にダメ!

● パットは出来る限り2パットでフィニッシュ。

● 上がり3ホールは超安全なゴルフをする!

この5点を守れば、明日のゴルフで100が切れるはずです。

がんばっていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 一応アベレージ100切りしていますけど振り返ってみたいと思います(崖っぷちですけw)

    >● 無理してパーを取りにいかない。(ボギー9、ダブルボギー9でOK)

    無理しているつもりは無く、なるべくパーオン狙ってますね、乗らないのは想定内ですので、アプローチが楽な所に落す事を考えた方が良いかな~と最近思い始めましたw

    >● 男性はショートホール、女性はロングホールに注意。
    ごもっともです。
    作戦に反してやらかす時がありますけどねw

    >● OBは絶対にダメ!
    最少に抑えないとしんどいですね。
    2~3個までなら、100切できていますので、総合的に少しは上手くなったのかも?

    >● パットは出来る限り2パットでフィニッシュ。
    意志とは反して悪化中ですw
    去年は達成できていましたけど、今年に入ってから3パットが優勢です。。。平均36⇒38.。。orz

    >● 上がり3ホールは超安全なゴルフをする!
    気持ちは疲れていませんが、体は疲れているので無理しない様にしています、結果的に上がりの成績は良い事が多いですね。

    おおよその課題は見えていますけど、次回90切りのポイントを希望w

    • ジュッシ より:

      えぇ~、90切りのポイントですか?

      考え方は100切りよりもシンプルですよ。

      じゃ、90切りのポイントやってみますか!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です