利き目とゴルフ

利き目ってご存知ですか?

利き腕は知っているけど、利き目はあまり聞いたことが無いかも知れません。

実は目にも自分がよく使う方があるのです。

利き目の調べ方は色んなサイトに出ているので、ここでは割愛します。

ほとんどの人の場合、右利きなら右目が利き目になります。

さてこの利き目、ゴルフと一体どういった関係があるのでしょうか?

っていうか、実際はあまり関係無いとか言われていることもあります。

利き目が左だからゴルフが上手いとか、下手とか一概には言えないみたいですね。

ですが重要な要素である事は確かです。

今、左目を瞑って正面の景色を見てください。

次に右目を瞑って同じように正面の景色を見る。

左目だけで見た風景、右目だけで見た景色は、若干のズレがありませんか?

例えばティーショットで、アドレスしたままでターゲットを見たとしましょう。

この時ですが、ターゲットに向かって正対していませんよね。

頭だけがターゲットの方を向いただけです。

しかも首が中途半端に曲がったままでしょう。

下から覗き込むような感じで。

さらに若干の差ですが、左目の方がターゲットに近く、右目の方がターゲットに遠くなっています。

思い出してください。

さっき片方ずつの目を瞑って景色を見たとき、正面にも関わらず景色がズレていました。

それなのに首を傾げたままターゲットを見て、そのままアドレスの位置を修正するなんてハッキリ言ってナンセンスです。

これは絶対にダメ!

ショットが悪いとかの話じゃなくて、どれが正しくてどれが正しくないのかが解らなくなります。

ターゲットを見るなら、絶対にターゲットに正対して見ましょう。

頭を傾げたままとか、チラッと一瞬だけ見るとか、これは絶対に避けるべきです。

また『チラッと一瞬』は、グリーン上でも危険です。

パットの場合、平衡感覚も大切だからです。

頭を傾げたままで一瞬だけカップをチラッと見る。

アドレスを取り直す。

そしてすぐに頭を戻してパットをする。

この一瞬で平行感覚は狂ってしまっています。

距離や方向、平衡感覚も狂ってしまっているのでは真っ直ぐ打っても入りません。

利き目は色んな情報を補ってくれて生活には大変便利な役割をしてくれているのですが、それが必ずしも正確ではありません。

利き目にだけ頼るのは大変危険です。

ターゲットを見るときは身体を起こして正対、しっかりと両目でターゲットを捕捉しましょう。

パットでは頭を早く動かすのも禁物ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です