景色に騙されるな

人間の平行感覚なんかすぐに狂ってしまうし、当てになりません。

さらにもっと当てにならないのが目です。

グリーン上では右傾斜でも、グリーンから見える木々が左向きに植わっていれば左傾斜かと思ってしまう時もあります。

上り下りは感覚で掴みやすいのですが、左右の傾斜は意外と狂ってしまう場合があります。

これはグリーン上だけの話ではなく、ティーグランドやフェアウェイでも起きる現象です。

ではどうすればこの狂った感覚を元に戻せるのでしょうか?

それは水平や垂直な部分を見つけることです。

ゴルフ場は見渡す限り自然ですから、人工的に作られた水平部分や垂直部分を探すのは難しいと思います。

でもひとつだけ方法があります。

持っているクラブのグリップの端をつまみ上げて、ブランブランさせてください。

するとクラブは垂直に垂れ下がった状態になります。

この垂直に垂れ下がったクラブを使って水平を見つけるのです。

あと地形で傾斜している方向を推測するのもひとつの方法です。

池があるようなホールでは、必ず池側に傾斜します。

池のそばに立っているにも関わらず、傾斜を感じないときは景色に騙されている可能性があります。

もう一度、確認してみましょう。

他に山すそやカート道近くにも微妙な傾斜が出来ることがあります。

その近くからショットする時には注意しましょう。

景色に騙される事は、意外と多くあります。

あと、景色ではありませんがコースに掛かった影に騙されることもありますので、ご注意を。

周りをサッと見渡してショットするよりも、何か目標物を見つけて傾斜していなか調べる癖を付けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です