クラブは短く持ってブレさせない!

常に100を切るようなゴルフをする為には、ゴルフクラブがスイングプレーンからブレないようにする必要があります。

特にゴルフを始めたばかりの人などは、スイングのトップでゴルフクラブがゆらゆらとブレていまっている人がいます。

このクラブのブレを無くすとボールの行方も定まってきます。

クラブがスイングの軌道からブレる理由は様々なのですが、その中のひとつに自分に合ったクラブを使っていない事があります。

身長にマッチしていない長尺のクラブを使うとクラブがブレる事があります。

またヘッドがやけに重いクラブも同じです。

逆にシャフトが軽すぎたり、柔らかいとブレる事もあります。

あとは握力が弱かったり、しっかりとクラブを握れていないとクラブが軌道から外れてブレてしまいます。

必要以上に身体を捻ったり、大きくて余計な動きもクラブをブレさせる原因の一つです。

まずはクラブを短く持ってシャープなスイングを心掛けてみてください。

いつものトップの位置よりも低くして、スイングを小さくキレの良い回転でボールを打ちます。

この練習を何度かしてみて、ボールの飛距離や方向が定まってきたら少しずつ大きくしましょう。

100前後のスコアの方のスイングは無駄な動きが多いものです。

故にクラブの軌道もブレてしまいます。

実は8割ぐらいの力でスイングしても、飛距離はあまり変わらないものです。

スイングを小さく、シャープにしてみてクラブのブレを防げば100切りも夢ではありませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 100切りできずにいた頃の自分に教えてあげたいw

    初80台でましたよ^^

  2. ジュッシ より:

    え~っ!
    80台ですか!

    ショートコースじゃありませんよね?(笑)
    ハーフのスコアじゃありませんよね?(笑)

    いや~、おめでとうございます。
    この調子で一桁ハンディを目指しましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です