ドレスコードって知っていますか?

ゴルフには「ドレスコード」と呼ばれるものがあります。

紐で出来たドレスの事ではありません。

ゴルフ場の行き帰りとプレー中の服装に規定があるのです。

近頃はドレスコードが曖昧になってきていますが、ゴルフのドレスコードについて少し勉強してみましょう。

まずゴルフ場での服装です。

とにかく襟付き!襟がキモです。

最近はマオカラーのような襟が付いているTシャツでもOKのような風潮がありますが、やっぱりポロシャツが一番ですね。

しっかりと襟の付いているシャツを選んでください。

それからズボンはスラックス。ジーンズはダメです。

あとカーゴパンツもやめておいた方が無難ですね。遼君も注意されたことがありました。

靴は草履や雪駄はダメです。

もちろんビーチサンダルや下駄もダメですからね。

そして最大の武器は、ジャケット!

これを羽織っていれば、まず何も言われません。

極端に言えば、中にTシャツを着ていてもジャケットを羽織っておけば無問題的な部分があります。

ジャケットこそが最大の武器なのです。

さて次はプレー中の服装に移ります。

帽子!これは頭を守るという意味でも必要ですよ。

忘れずに!!

そしてクラブハウスでは帽子を脱ぐ事。

これも忘れずに!!

次にシューズ。

メタルスパイクはダメです。

スパイクレスか、ソフトスパイクにしておきましょう。

あとは首にタオルを巻いているとか、ズボンからシャツが出ているとかもダメですね。

ベルトをしていないのもダメらしいです。←知らなかった…

ドレスコードとは違いますが、半ズボンに汚い足を晒してガニ股で歩いている姿は個人的に蒸発させたい気分になります。

カッコいい人がやるなら別ですが、中年の腹が出ているようなオッサンがやっているのを見ると「消滅すれば良いのに…」って思っちゃいますね。

さぁ、最後はドレスコードから少し離れてしまいましたが、とにかくゴルフ場では目立ったらダメ。

服装なんかで目立って目を付けられたら、楽しい気分もぶち壊しです。

ゴルフを楽しくプレーして颯爽と帰るのが本物のゴルファーです。

奇抜なファッションでは、「ぼくはゴルフがヘタッピで~す。テヘペロ!」と言っているようなもの。

腕前は下手であってもルールや常識、人に不快な思いをさせないシンプルゴルファーを目指してください。

でないと、蒸発させちゃうぞ!(ハート)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です