ゴルフのバックスピンはインパクト勝負!

今でこそ「バックスピンってどうなの?」的な風潮がありますが、グリーンに落ちたボールが予想と反した動きで戻ってくる様はカッコいいものです。

一昔前なら、ナニが無くても「バックスピンが打ちたい!」と思ったものです。

さて、ゆるゴルでもバックスピンの打ち方は何度もやっているのですが、今回は特に的を絞って紹介したいと思います。

絞った部分は「インパクト」です。

以前の記事はこちらへ。

元々、アイアンの構造上、ボールが普通にフェース面に当たればバックスピンが掛かるようになっています。

しかし、それでもバックスピンが掛からないという人はインパクトが弱いのです。

通常であればスイングは流れるように行うものです。

しかし強烈なバックスピンを掛けたいのであれば、インパクトの瞬間にボールへ圧倒的な力を加える事が重要です。

ではどうすればインパクトを強くすることが出来るのか?

簡単です。

インパクトの瞬間にクラブを強く握る事。

ずっと身体に力を入れ続けているとスイングが崩れてしまうので、これではダメ。

インパクトの一瞬だけクラブを強く握ってみてください。

普通はアイアンのフェース面にボールが当たると、その衝撃はクラブを伝って自分へと返ってきます。

グリップが弱いとその衝撃がグリップの部分で分散されてしまうのです。

簡単に言えば、力が逃げてしまう…

インパクトの瞬間に強くグリップを握る事で、返ってきた衝撃を逃がさずにもう一度ボールへと戻すことができます。

そうする事でインパクトが強くなりスピンの効いたボールを打つ事が出来るのです。

逆に、バックスピンが掛けられない人は、握力が弱い人という傾向があります。

ですから女性はバックスピンがなかなか掛けられません。

握力が弱いからなんですね。

グリップを強く握るのはインパクトのほんの一瞬。

そこにバックスピンの秘密があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です