100を切る為にホントに必要な3つのポイント

100切れてますか?

ゴルフをやっている上で、大きな壁として立ちはだかるのが100の壁です。

100を切れるようになると、今以上にゴルフが楽しくなります。

それに…、「あっ、100ぐらい切れるッス」って、さり気なくゴルフの上手さをアピールできますしね。(笑)

100を切るのはゴルファーの夢ですが、しかし現実はキビシイものです…

それは何故か?

あなたは、100を切るための3つのポイントを知らないからです!

それでは早速、100を切る為の3つのポイントを説明しましょう。

…と、その前に。

単純に100を切ると言っても、漠然としていて目標がボヤけていますので目標スコアを設定したいと思います。

目標のスコアはズバリ99です。

99でも100切りには違いありませんから、目標スコア99で説明したいと思います。

まずはスコアの話を少々…

通常のゴルフコースは、18ホールのパー72です。

全部のホールを1打多いボギーでホールアウトすると、72+18で90になります。

この勢いなら80台だって夢じゃありませんね。(笑)

さらに今回の目標スコアが99なので、プラス9オーバーでも大丈夫です。(90+9=99)

アウトコースの9ホールを全部ボギーでプレーして45。

インコースの9ホールを全部ダブルボギーでプレーすると54で、念願の99! 100切り成功となります。

アウトコース全部をボギーでプレーするのはキツイと思いますので、ボギーとダブルボギーをまんべんなく散りばめてみましょう。

すると…(△は、ボギー。×はダブルボギー。)

△×△ △×△ △×△   △×△ △×△ △×△

スコアメイクの為に、3ホールをひとつの区切りとして考えます。

3ホール中に1回のダブルボギーがあったとしても96でホールアウトできる事が解りました。

まだ、あと3回はダブルボギーでも大丈夫です。

更に3回分のダブルボギーを足すと、こんな感じになります。

△×△ △×△ △××  △×△ △×× △××

これでスコア99になりました。

少しまとめましょう。

1、基本はボギーペースのプレーでOK。

2、ダブルボギーは9回までは可。

解り易くなりましたね。

ここで注意して欲しいのは、ダブルボギー以上を出さないという事です。

トリプルボギーを出すと一瞬にして100切りが夢と化してしまいます。

お待ちどう様でした。

100を切る為にホントに必要な3つのポイントを説明しましょう。

まず一つ目…

【3パットの数は9回まで】

アベレージゴルファーが2オンするのは至難の業です。

基本的にパットは、すべて2パットでプレーするようにします。

3オン、2パットのボギーが原則です。(ミドルホール:パー4)

多分、100切りを目指すような腕前なら、3パットした時はダブルボギーになるでしょう。

3パットはダブルボギーの数だけに収めます。

4パットなんて話になりませんからね。

【OBの数は2回まで】

OBを打つと前進4打(プレーイング4)となります。

特設ティーから打つ次のショットは4打目。

もしグリーンを外すして2パットなら、ミドルホール(パー4)でトリプルボギー(7打)の完成です。

3パットならダブルスコア(8打)になるので、心が折れて100切り処の話じゃありません。

OBとトリプルボギーは連動しますので、OBには細心の注意を払ってください。

パーが取れるようになればこの限りではありませんが、今のところはOBの数を減らすことに集中しましょう。

【4回のショートホールは必ずボギー以上で】

ダブルボギーは9回までOKと書きました。

しかし!ショートホールでダブルボギーを出しているようでは100切りはまず無理です。

ロングホールや距離のあるミドルホールなど、難しいホールはたくさんあります。

ショートホールは悪くてボギー、基本はパーです。

ショートホールでパーを取れれば、トリプルボギーやOBを出してもリカバリー出来るチャンスがあります。

この3つ、しっかり頭に入れてください。

【3パットは9回まで】

【OBの数は2回まで】

【4回のショートホールは必ずボギー以上で】

この3つのポイントが、100を切る為の本当の極意です。

鍵は、パット数とOBとショートホール。

オマケで、トリプルボギーは絶対にダメ!

以上の内容をきちんと守れば、100切りなんて楽勝ですよ。

ゴルフコースに行く前日には、必ず読み直してください。

プリントアウトしてコースに持って行っても良いですよ。

「ゆるゴル」サイトは、あなたの100切りを応援しています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です