どんな時でもティーアップをしよう

ショートホールやOBを打った後の特設ティー…

たまにこのような場所で地面に直にボールを置いてショットする人っていますよね。

たしかに低い球を打ちたいとか、そんな意図する事があるのなら別ですが、ただ単に面倒なのか直接地面にボールを置いてショットしちゃう人がいます。

そんな人に限って100以上叩いちゃうビギナーだったりするのです。

いや~、勿体ない。実に勿体ないですね。

実際、ティーアップするのと、しないのではミスショットの割合が違います。

もちろんティーアップした方がミスショットを減らす事ができます。

良く考えてください。

力を100%入れたスイングをしたとしますね。 いわゆる普通のスイングです。

その時出るミスってどんなモノがありますか?

大きく分けて2つです。

● トップ

● ザックリ

スライスやフックはボールを打った後の話なのでココでは触れません。

トップはボールの上部を叩いてしまう事です。

ゴルフボールの位置が高ければ回避できたかも知れないミスショットです。

この場合、ティーアップしてあればナイスショットだったかも知れません。

ザックリはボールの手前を叩いてしまう事です。

これはティーアップしようが、しまいが関係ありません。 ホント、ご愁傷様です。

これだけ見てもティーアップする事でトップのミスを減らす事ができるかも知れません。

(ホントはティーアップする事でもっとイロイロなメリットあるんですよ)

ですから、次回ゴルフコースに出た時は「ティーアップできるところは、全部ティーアップする!」を忘れずに実行しましょう。

些細な事かも知れませんが、この1回のショットがピンに寄る、寄らないでパーとボギーの差になり、結果として100と90のスコアの差になるのです。

さぁ、ポケットにショートティーを一杯入れてレッツゴー!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です