見上げるホールは調子が良い!

打ち上げのホールと打ち下ろしのホールとでは、打ち上げのホールの方がナイスショットが出やすい傾向があります。

打ち下ろしのホールでは、すぐに結果を見ようとしてヘッドアップや上体を起こしてしまいミスショットが多くなりまからね。

その点、打ち上げのホールは「どうせ結果が見えないから…」とあきらめたのか(笑)頭がしっかり最後まで残っている場合が多いと思います。

打ち上げでナイスショットが出る理由は、高く打ち上げようとして大きなスイングになるからです。

その為にスイングのリズムもゆっくりになり、結果としてナイスショットが出やすくなります。

では打ち上げホールでの注意を説明しましょう。

主に、ショートホールの打ち上げとして話を進めます。

自分の頭よりもグリーンの位置が高いようなホールでは、壁に向かってボールを打つように感じるかも知れません。

それならば!…と、高い球を打とうとします。

この時、あまりにも「高い球」を意識し過ぎて、すくい打ちをしないようにしてください。

アイアンでショットするなら尚の事、ボールを打ち込む感じでスイングして、フォロースルーを大きく取ります。

ダメ、すくい打ち、絶対!

次の注意点は、ボールがグリーンに乗ってからです。

アイアンは元々、ランの出にくいクラブです。

ましてや、打ち上げホールでボールがグリーンに乗ったら、落下地点からほとんどボールが動きません。

ですから、ランの距離を考えずにカップまでの距離をピッタリと打ってあげましょう。

カップの位置はピンの位置で判断します。

ピンのポジションは、事前にスタート室などでピンポジションが書いてあるようなモノをもらうか、キャディ付きのプレーならキャディさんに聞きます。

どちらも無い場合は、ピンの長さで判断します。

ピンの長さは2m45cm。見えているだいたいの長さからピンの位置が奥にあるのか、手前にあるのかを判断しましょう。

飛距離計などがあれば便利ですよ。

打ち上げホールでは、自分が思っているより打ち上がっている事がよくあります。

少し奥に突っ込むような感じで大き目のクラブを選択するように心掛けてください。

打ち上げのホールは、打ち下ろしのホールに比べて出るミスもミスの大きさも全然違います。

打ち上げホールの方が数倍も楽ですから、気負わずにプレーしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です