スパッツと言っても、レギンスではありません

スパッツ…

スパッツと言っても、穿いたりするモノではありません。

自分がボールを打ちたい方向へ、間違わずにアドレスを取る為の目標物の事です。

意外とスパッツを知らない人が多いので、スパッツの説明をしましょう。

これで、ヘンテコリンな方向へボールを打つ事が無くなりますよ。

ドライバーではフェアウェイのド真ん中を狙う!

アイアンではグリーン上のピンを狙う!

しかし、打ちたい方向から5度ずれるだけで、落下地点では数メートルの誤差が出ます。

ドライバーのような飛距離が出るクラブならもっと大きな誤差になります。

例えばあなたがフェアウェイからグリーン上のピンを狙っている状況としましょう。

自分のボールを後ろから見て、グリーンの方向を確認。

そして、アドレスに入ってショットする…

↑ これではグリーン上のピンに対して、正確にアドレスしているとは言えません。

アドレスに入った時点で、方向が狂っているはずです。

ではどうすれば良いのか?

先ほどと同じように、ボールの後ろからグリーンを見た時に、ボールの1メートルぐらい先に目標物を見つけます。

ボールとグリーンを直線で結ぶ【架空の線上】に、目標になるようなモノが何かありませんか?

枯れた芝でも良いです。 ディボット後でも良いです。 何でも良いので、ボールとグリーンを結ぶ線上に何か目標物を探してください。

目標物を見つけたら、アドレスに入ります。

アドレスに入ったら、今度はその目標物とボールを【架空の直線】で結んで、そのラインに沿ってアドレスを取ります。

それでグリーンまで真っ直ぐにアドレスが取れたはずです。

この目標物の事を【スパッツ】と呼びます。

ボーリングのレーンで「▲」 ← こんな三角のマークが書いているのを見た事がありませんか?

これもスパッツと言います。

考え方は同じです。

スパッツを目標にしてボールを投げる為です。

これはドライバーショットも、アイアンショットも、パットも同じです。

グリーンとボールを結ぶ【架空の線上】に、ボールの1メートルほど先に目標物を見つけ、それを目印にアドレスする。

これはプロゴルファーも使うテクニックですよ。

これで打ちたい目標に向かって、真っ直ぐにアドレス出来るようになります。

後はショットの腕次第というトコロでしょうか。(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です