【開ける】 アドレス時のつま先の向き 【閉じる】

ゴルフ初心者の方は、アドレス時に左のつま先は開いて、右のつま先は真っ直ぐにする!って教わったと思います。

別に間違いではいないのですが、何故そうするのか理由を知っていますか?

知らない人がほとんどだと思います。

では、つま先を開く・閉じるでどのような状態になるのか、また何故そう教わったのかを説明しようと思います。

つま先の開け閉めひとつで、ショットのブレを修正できる事もあるんですよ。

ではまず、何故ゴルフ初心者に「左のつま先は開くように…」と教えるのでしょうか?

実は左のつま先を開くと、インパクトからフィニッシュで身体の回転がスムーズにおこない易いからです。

窮屈な感じを与えずに、フィニッシュを迎えられるから…だと思いますよ。…きっと。(笑)

しかし、インパクトで左の膝が外へ流れてしまうような人、…いわゆる左に壁が作れない人は左のつま先を開いてはいけません。

真っ直ぐか、少し閉じたぐらいにして左側に窮屈さを感じた方が良いショットが出ます。

今度は右足のつま先です。

右足のつま先を開くとテークバックで身体が右側に流れてしまいます。

ヘタをすると頭が右へ移動しちゃうので注意ですよ。

右足のつま先は真っ直ぐでも良いのですが、どうしても身体が右方向へ流れしまう…という人は、つま先を閉じてアドレスしましょう。

また、つま先の開け閉めは、身体が流れるのを止めるだけではありません。

左のつま先が開いているとスライスが出やすくなります。

閉じるとフックが出やすくなります。

つま先はボールの曲がりにも影響しますので、気を使ってアドレスしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です