ゴルフクラブのグリップ 【太い・細い】

ゴルフ初心者は、ゴルフクラブを買ってきたままで使っている人がほとんでしょう。

実はゴルフクラブのグリップって、太さによってショットに違いが出るんですよ。

知っていました?

グリップ交換なんか考えた事が無かった人でも、これを読めばきっとグリップ交換したくなるはずです。(笑)

では、グリップについて説明しましょう。

さて、ゴルフクラブのグリップですが、基本的には「太い」モノと「細い」モノがあります。

先に言っておきますが、どちらが良いという訳ではありません。

自分に合うか、または自分が希望するショットが打ち易くなるか…こんな感じで考えてください。

まずはゴルフクラブのグリップが太いとどうなるのか…

インパクトで手首が返りにくくなります。

手首が返りにくいと、ショットした時にフェースが返りませんから、フェードやスライスのボールが出やすくなりますね。

手首が返りにくいと言ってピ~ンっときた人はいませんか?

そうです、パターです。

パットでは手首を固定しないと、引っ掛けボールが出ちゃいます。

ですからパターには、特に大きなグリップが用意されています。
次にアプローチ。

アプローチも手首を返さずに打つ事が多いショットです。

またショートアイアンは飛距離を出すクラブでは無く、正確性や止まるボールが打ちたいクラブでもあります。

その為、ショートアイアンに太めのグリップを入れて極力手首を返さずに打とうとする人もいます。

手首を返さないショットだとフェードが出やすいのでグリーン上でボールが止まり易くなるからですね。

逆にドライバーで手首を返さずにショットするとスライスが出てしまいます。

ですからドライバーには少し細めのグリップが入っている事があります。

新品のドライバーのグリップを握った時に、あれ?細いなぁ…って思った事ありませんか?

それは手首を返しやすくする為です。(スライスを出しにくくする)

他に、手が大きい人が細めのグリップを使うと、手が余ってしまってナントも握りが悪く感じます。

またインパクトなどの衝撃時に、手の中でクラブが回ってしまう事があります。

手が大きい人は、太めのグリップを入れましょう。

さて思ったよりもグリップの太さがショットに影響する事を理解してもらえましたでしょうか?

ゴルフ5などのゴルフショップ行くと、グリップだけが売っています。

いろいろ握ってみて、自分に合うのがあるか確認するもの楽しいですよ。

最後に、

ゴルフクラブすべてを同じグリップの太さにする必要はありません。

ぼくの場合は、ドライバーは特に太いグリップ入れています。

手が大きいのでクラブが手の中で回転しないようにする為です。

他のクラブにはレギュラーサイズのグリップを入れて、ショートアイアンは若干太いグリップを入れています。

バンカー用のSWだけは細いグリップですね。

細さや太さも気になりますが、グリップを握った時の感触も大切にしています。

硬いグリップよりも、できるだけ柔らかいグリップを探して使用するようにしています。

グリップの好みを決めて、自分だけのオリジナルパターンを作ってみるのも面白いと思います。

グリップひとつで変わるゴルフもあります。

ご参考までに。

ティーピーアール(TPR) グリップ 8本セット バックラインなし ブラック
ティーピーアール(TPR) グリップ 8本セット バックラインなし ブラック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です